食事作りも思考もシンプルになる無料メルマガ登録はこちら≫

年賀状を身軽に=やめるのが一番?負担に感じる理由とは?

ブログ

おはようございます。

yukoです。

 

今年も残すところ、あと2ヶ月と少し。

そろそろ年賀状のことが頭をよぎりませんか?

ルンルン気分になれたらいいのですが、
私の場合どちらかというと負担に感じてしまいます。

負担に感じる理由と、
我が家の今年の年賀状事情をご紹介していきます。

年賀状を負担に感じる理由

年明けに年賀状がポストに入っていると嬉しくなる反面、
いざ自分が作るとなると負担に感じてしまいます。

その理由をあげてみました。

年末は忙しい

日本人なら大半の方がそうなのでしょうが、
年末は忙しいです。

『年内中に〇〇を終わらせて、
スッキリした気分で新年を迎えたい!』
と、このように思うのは私だけでないはず。

そんな中で
手間も時間もかかる年賀状の作成は
かなりの負担です。

家族揃った写真がない

近年、様々な価値観で問われる
『子どもの写真入り年賀状』。

様々な価値観に対して
我が家が出した現時点での結論は、
子どもだけの写真ではなく
家族写真を載せよう、と。

しかし、家族みんなで写真を撮ることなんて
滅多にありません。

わざわざ年賀状のために写真を撮るのも
面倒に感じてしまいます。

お金がかかる

全てを手書きしたらお安く出来るのでしょうが、
不器用なくせに可愛い年賀状を出したい我が家は
毎年外注しています。

毎年、1万円は軽く超えてしまいます。

字が汚い

表裏印刷したとしても
一言添える際は、さすがに手書きします。

毎年、自分の字の汚さを残念に思ってしまいます…。

 

年賀状を身軽に=やめるのが一番?

最近、ネット上で
『年賀状やめました!』という声を
チラホラ見かけます。

段階を経て
上手にやめてらっしゃる方も多いようですね。

そして、年賀状作成の義務感から解放された喜びは
かなり大きなもののようです。

非常に羨ましくも思いますが、
私には『やめる』と言い出す勇気がありません。

お世話になっている方もたくさんいますし、
失礼に当たるのでは?
と悪い方に考えてしまいます。

このことについては
夫とも毎年話し合っていますが、
もう少し様子を見ようと言っています。

こんなことを考えつつも、現実は
上に記載したように
年賀状をもらえると
嬉しくなってる自分がいます(笑)

 

早期予約で年賀状作成を身軽にする

デザインセンスなし、
字が綺麗でない、
絵も描けない。

そんな我が家の年賀状事情を
身軽にしてくれる方法は
今の所、外注しか見つかりません。

 

今月に入って
たまたま見かけた年賀状サイト。

なんと早期割引があるではないか!
10/23までのようです!!

どうせ出すなら可愛いデザインがいい!
でもお安く仕上げたい!
というワガママな私は、
こちらのサイトから予約をしました。



今年は写りの良い家族写真を撮れなかったので、
(せっかくわざわざ撮ったのに、影が…)
潔くイラストのみのものを注文しました。

イラストのみでも十分にインパクトのあるデザインで
夫も私もかなりお気に入りです!

11月中旬には自宅に届くようなので、
焦ることもなくのんびりと
一言添える作業が出来そうです。

まとめ

もらえると嬉しいけど、
作るのは面倒な年賀状。

でも年賀状って
日本の立派な伝統文化だと思います。

面倒と伝統が入り混じる年賀状事情、
10年後にはいい方向に解決してくれていればなぁ…
なんて思ったりもします。

 

〜追記〜

11月中旬、素敵な箱に封入されて
年賀状が届きました!

仕上がりも期待通り可愛くて
大満足です!!

 

 

私が日々心がけているシンプルな暮らしは
こちらも参考になります。
(にほんブログ村テーマ)

持たない暮らし

シンプル・ミニマルライフ

捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストな生活&シンプルライフ

参考にしているファッション記事は
こちらです。(にほんブログ村テーマ)

大人ナチュラルファッションが好き

シンプル・ミニマルライフのファッション

少数精鋭で着回すコーディネート

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援をお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました