タイムクリエイトlabの無料メルマガ登録はこちら≫

野菜を塩茹でするだけで1品に!!ご飯づくりの救世主とは?

【料理】

皆さん、こんにちは♡
0歳2歳5歳、3人の子育て真っ只中!!
リサーチャーのあゆみです。


ご飯作りの時間を短くしたい!!

健康のことを考えて野菜を食事に取り入れたい!!

夕方の時間にやることが多くてイライラしてしまう…


こんなお悩みありませんか?


私もタイムクリエイトlabを受講する前は
夕方の時間が一番忙しく

3人の子どもの相手と家事…
ご飯作りが思うように進まず時間がかかり
イライラしてしまう。

そんな毎日を過ごしていました。



この記事を最後まで読めば
夕飯作りにかかる時間を短縮できて、
心にゆとりを持ってキッチンに
立てるようになりますよ(^^)

ただ野菜を塩茹でにするだけ!!

出典:unsplash.com


ご飯づくりの時間を短くするために
何をするかというと


野菜を塩茹でにするだけ

なんです!!


この塩茹での作業が、
後の自分を助けてくれるのです。



ところで、なぜ料理に時間がかかると思いますか?


料理が大変なのは

工程が多いから

です。


料理というのは、
もともと2つの大きな工程に分けられます。

1つは「下拵え」

もう1つは「仕上げ」

です。



野菜を塩茹でしておくという作業は、
料理の工程の1つ
「下拵え」をしておくということになり
後の料理がグンと楽になるのです!!

出典:unsplash.com


例えば…

夕飯を作るとき

冷蔵庫を開けて使う食材を選ぶ

→ほうれん草の胡麻和えを作ろうと決める

→お湯を沸かす

→ほうれん草を茹でる

→調味料を用意する

→和える


…と書き出してみると
ひとつひとつの作業は簡単ですが

この一連の流れを
メインを作りながら

夕方の時間にやろうとすると結構な負担です


例えば
この工程の中の
ほうれん草を茹でる
までを

朝ご飯を作っている間にやっておく


この工程をめんどうだなと思う人も
いると思いますが、
やってみると5分もあれば
終わってしまいます^^


そうすることで夕飯の時には和えるだけになります。

朝の時間に調味料も用意しておけば
更に時短になりますよね。

塩茹で野菜の七変化

出典:unsplash.com


ただ茹でるだけで
ご飯作りがそんなに変わるの?
と思った方もいらっしゃると思います。


実はこの塩茹で野菜のすごいところは

様々な副菜として活用できることなんです!!



健康のためにも野菜は食べたい…

だけど、
副菜を作ることに手間をかけたくないし、
同じ副菜ばかりだと飽きてしまいますよね。


塩茹で野菜を作っておけば
簡単に副菜のバリエーションを増やすことができます。


例えば我が家では

塩茹でした小松菜が…

①胡麻和え 

②醤油マヨ

③鰹節とめんつゆで和える

④ドレッシングをかける

⑤シーチキンやコーンと和える

⑥味噌汁の具にする

⑦野菜炒めとして活用する


と七変化します!!


和え物、炒め物、汁物と調理法を
バラけさせると

見た目も味も食感も変わって、
立派な1品に早変わり♡


そして、
お味噌汁に入れたり野菜炒めに使うと
既に火が入っているので
短い時間で火を通すことができて便利です♪



また、調味料と和えるだけの作業は
子どもにやってもらうこともできるので

子どもたちのお手伝いを促せたり
効率よくご飯を作ったりすることができます。

まとめ

出典:unsplash.com


塩茹で野菜を活用するようになって、
私自身変わったことは 

ゆとりを持ってキッチンに立てるようになったこと

です。


冷蔵庫に塩茹で野菜があるだけで
一品出来たようなもの。

朝、茹でてくれた自分に
感謝してしまうほどです(笑)

夕方の時間にゼロからご飯を作るのではなく
+1でも2でもやっておくこと
早速試してみませんか?


冷蔵庫にある野菜や旬の野菜で試してみてくださいね(^^)


そしてなんと!!

タイムクリエイトlabではこの塩茹で野菜を
フル活用できる レシピ集 をプレゼントしています!


お料理好きのクリエイターが作った
このレシピ集

調味料の配分が1:1:1のように
とても覚えやすく
様々な野菜に応用が効くのでフル活用しています!


タイムクリエイトlabが気になっている人は
この機会に個別相談に申し込んでみてくださいね♡


タイムクリエイトlab では、
時間がうまれる家事の仕組みだけでなく
心にゆとりがうまれる家事をお伝えしています♡


次回の更新も楽しみにしていてください(^^)


執筆者:わたなべ あゆみ
(タイムクリエイトlabリサーチャー)

コメント

タイトルとURLをコピーしました