🌈夕方の家事時間を大幅削減!!子どもの「ねえねえ、おかあさん!」に笑顔で対応してあげられるようになりました!

【お客様の声】

家事は『まとめてやるもの』『夕方からやるもの』だと思い込んでいた!

タイムクリエイトlabを受講する前は
夕方に家事を行うことがほとんどでした。

 

専業主婦であるにもかかわらず
なぜか幼稚園から息子が帰ってきて
おやつを食べ終わったあたりの時間から忙しい…

 

今思えば、私は家事に対して

 

『まとめてやるもの』

『夕方からやるもの』

というイメージを持っていたのだと思います。

 

『夕方家事をする』ということは

産前、働いていた時の習慣でした。

 

仕事の帰りにスーパーに寄って
帰ってきて急いでご飯を作って食べる。

 

食器を洗って
お風呂に入って
自分の時間を過ごしてから寝る。

 

という生活を送っていたので


結婚して子どもができてからも
なんとなく夕方に
家事を集中して行っていたのです。

 

子どもがいなかった時は
夕方に家事をしてもなんとかなっていました。

 

が、子どもが産まれてからは
そうもいきません。

 

子どもたちと遊んだり
グズグズに対応したり

 

そうしているうちに時間は
あっという間に過ぎていき

 


やりたかったことができなかったり


寝かしつけが終わってから
残りの家事をしたりする、というのが

 

日常になっていました。

 

確かに『夕方はみんな疲れている』!!!

タイムクリエイトlabを受講してからは


夕方にする家事を
最小限にできるようになりました。

 

タイムクリエイトlabを受講して
1番はじめにハッとした言葉、それは

『夕方はみんな疲れている』

という一言でした。

 

言われてみれば、当然のことですが
そんなふうに考えてみたこともなかったのです。


『夕方はみんな疲れている』
ということをまずは自覚した上で

 

私がしたことは2つ

・朝、1日のダンドリを作ること

・家事を分解して、隙間時間を利用すること

 

朝起きてから
その日1日の流れを書いていきます。

 

最初に寝る時間を決めて
その日入っている予定を書き込み

 

空いている時間に、今まで
夕方にしていた家事を入れ込んでいきます。

 

「今日は結構予定が詰まっているなぁ」
と感じる日であっても

書き出してみると

ちょっとした家事ができそうな時間を
見つけることができました。

 

「この時間にこれをする!!」と
決まっていることで

 

「今から何をしよう」と
悩む時間が減り、夕方の家事の時間が
少なくなっていきました!

 

そして、家事を分解して
隙間時間をどんどん利用していきました。

 

例えば、家族全員分の食事の配膳

 

子どもが3人に増えてからは
家族全員分の食事の配膳に
意外と時間がかかります。

 

そこで、
夕飯に使う食器を午後の隙間時間で
カウンターに並べて置いたり


時にはおかずもよそえるものだけ
よそっておいたり
小さな工夫を重ねていきました。

 

『みんなが疲れている夕方』の家事が
大幅に減ったことで、

 

笑顔で過ごせる時間が増えました(^^)/

 

夕方の家事時間が減り、親子関係にも良い変化♪

夕方の家事時間が減ったことで
親子関係にも良い変化がありました!

 

朝早く起きて
1日を過ごしてきた自分が
疲れているのはもちろんですが

 

子どもたちも皆それぞれ
1日を全力で生きているので
夕方にはクタクタです。

 

1日頑張ってきたのだから

 

家に帰ってきたら
グズグズだってしたくなる日もあるでしょう。

そんな時に、
お母さんが家事ばかりしていたら


もっと構って欲しいという気持ちも
出てきてしまうと思います。

 

夕方の家事時間が減ったおかげで

子どもたちの
「ねえねえ、おかあさん!」

に対応できるようになったり

グズグズした時に
ぎゅっと抱きしめてあげられるようになったり

子どもの心に寄り添った対応を
心掛けられるようになりました♪

 

どんなに最小限にしても
0にはならない夕方家事

これからも穏やかに毎日を過ごせるよう
いかに負担を減らしていけるか

試行錯誤を繰り返していきます!

 

わたしも夕方時間をもっと穏やかな気持ちで過ごしたい!そう思ったママは

ぜひ、メルマガ登録をして
タイムクリエイトlabを受講したママ達の
変化の記録を受け取ってくださいね!

 

タイムクリエイトlab
アンバサダー わたなべあゆみ

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました