タイムクリエイトlabの無料メルマガ登録はこちら≫

ママこそ毎日を楽しもう。子どもの寝顔に謝っていたイライラママが 家事の迷いをなくしたことで、子どもたちに 「大好き」を毎日伝えられるようになったストーリー

【タイムクリエイターの声】

子供に優しく接したいのについイライラして怒鳴ってしまう
ということありませんか?

以前はこんなお悩みを持っていた
タイムクリエイターのふじいゆうこさん。

タイムクリエイトlabに出会って
自分時間を持てるようになりイライラすることが大幅に減りました。
さらには、子供に毎日「大好き」を伝えられるようになりました!

ここでは、とっても変化成長された
ふじいゆうこさんのお話を
ご紹介します!

ポイント💡
✅「考える家事」を減らすことで実際に動く時間は変わらなくても
      自由に使える時間が生まれます
✅学んだことを素直に実践することで成果が出やすくなります
✅自分時間が持てるようになると家族時間の質もぐんと上がります

子育てしながらモヤモヤの日々

3人(小3・小1・年少)の子育てをしながら、
新卒より14年金融機関で勤務していました。

子育てをしながら働く女性に理解のある会社、仕事はやりがいもある。
どちらかというと恵まれた環境ではあったが、どれだけ理解があっても、
子育てをしながら働くのは簡単ではない。
 
毎日仕事・家事・育児で目まぐるしく過ぎる日々。自分時間ゼロ。
いつしか、タスクをこなすことが使命のようになり、子供と過ごす時間にも
次のやることが気になって仕方ない。

口癖が「時間がない」になり、イライラ過ごす毎日。
なかなか寝付かない子どもたちに向かって怒鳴り散らし、
叱られて泣きながら寝る子どもたちに「ごめんね」と謝っていた日々でした。

働き方を変えたい!

ストレスでパニック発作を発症

新型コロナウイルス第6波の中、
長男(当時年長)が保育園で濃厚接触者となり、
家族が次々と陽性に。

家族が重症化したらどうしようという不安。
自分も感染するのではないか、しているのではないかという不安。

自宅待機期間も1ヶ月近くの期間となり、出口の見えないストレス。

子どもたちも些細なことできょうだいゲンカを始めるが、
いさめる元気も無くなり、何もしていなくても涙が止まらなくなる。

そんななか、ある夜、突然呼吸が早くなり、
手足が硬直する「パニック発作」を発症しました。

会社に戻ることが怖くて仕方なかったが、少しずつ社会復帰を果たしました。
会社のメンバーは温かく迎えてくれたものの、コロナウイルスの収束は見えない。
このままの働き方でいいのか…?と、疑問を抱きつつ、
目まぐるしい日常が戻ってくるとそんなことを考えている余裕もなくなり
元の日常へ戻っていきました。

子どもの登校しぶりがはじまる

この春から小学校1年生に入学した長男。
入学式から約2週間後、泣きながら「学校に行きたくない」と言い出し
”登校しぶり”が始まりました。

毎日教室まで付き添わないと学校に行けない長男。

泣いている長男を前にして、頭の中では
「何分の電車に乗れるかな」
「朝イチの仕事の段取りは…」
「遅刻の連絡入れなくちゃ」と考えている自分。

目の前の長男に向き合えていない自分にハッと気づいた時、
自分が嫌でたまらなくなった。

何か、変えないといけない。変わらないといけない。

でもどうやって?
新しいことを考える時間の余裕がない。

私が求めていたものはこれだ!

突然、Facebookの広告に表れた
「綺麗な部屋も温かい食事も諦めない」というコトバ。

「本業のあるママがたったの2ヶ月で起業の土台を作れる」
私が求めていたのはこれだ!と直感。

働き方を変えてみたいのに、それを勉強する時間すらない。
何も前に進まなかった今の状況が打破できるかもしれない!

すぐにメルマガ登録し、次の日には個別相談会にも申し込みました。

自分が楽しむ姿を魅せよう

価値基準が大きく変わる!

待ちに待った個別面談の日。
私はタイムクリエイトLabを受講することを心に決めていました。

相談会の2時間の中でも、
目からウロコの考え方や、逆に分かりすぎて大きくうなづいてしまうこと。
ようこさんと関わることで、どんどん自分の中の価値基準が変わっていく。

「まずは自分が家事を楽しむこと。
その姿を魅せることで、家族も巻き込まれていく」

というお話をようこさんから聞く。

そうだ。
私は時間がないからと、何をするにもイライラしながら取り組んでいた。

子どもが手伝いたいと言ってくれても、
自分の気持ちに余裕があるときしかやってもらってなかった。
こんなことでは、誰も家事をやりたいって思えないよなぁ…。

この気づきを得たことで、私の家事への取り組み方が大きく変わり
そして、個別相談会に向けた事前ワークで今まで置き去りにしていた
自分の価値観に気づきました。

事前ワークの返信メールの最後に、その時の想いを綴ることによって
さらに大きな気づきを得ることができました。
それは、
私は楽しんでいる姿を子どもたちに魅せたかったんだ!と、いうこと。

自分を変えるためには、上手くいっている人の真似をしてみよう!

苦手な早起きに挑戦

個別相談の後、ようこさんのFacebookやインスタグラムをチェック。
何か真似できることはないか?と考えながらみていると、
朝の時間を有効に使っておられることを知る。

早起きは、学生時代からずっと苦手だった。
夫と交際中はデートに遅刻することもしばしば。
たまに早起きすると「今日は雪が降るんちゃう?」って冗談を言われるほど。


けれど、自分を変えるためには、
上手くいっている人の真似をしてみよう!

早起きを習慣化するために3つのことをしました。

①早く寝ること→21時半には寝室に上がることを決めた
②人の力を借りること→Facebookで朝活30日宣言した。
③朝起きて何をするか明確にすること→資格試験の勉強時間に充てる。

ようこさんからも
「今は一番早起きが習慣化しやすい時期」
と背中を押していただき、早起きへの挑戦が始まりました。

家事で家族を喜ばせるのではなく、他で喜ばせよう!

教わったことは素直に実践+記録+相談

タイムクリエイトlab第一回講義を受講後
自分の今までの考え方や価値観が大きく変わった。

これまでは「子供に色々食べさせるべき」と考えていたし、
家族の「あれ食べたい」「これ食べたい」に応えようとしていた。

だけど家族を喜ばせる家事をしなくても、
他のところで喜ばせたらいい!

と捉え直すとすごく気が楽になる。

知らず知らずのうちに、自分が家事に思い込みを
持っていたことが分かる。

しかし、教わったことで満足していては意味がなく
実践し習慣化して自分のものにしてこそ価値がある。
まずは、愚直にトライしてみよう!と思い、
教わったことは素直に実践+記録+相談することを決めた。


第一回講義を受けた日の夜。

夕方まで自分一人で出かける予定があり、いつもならスーパーでお惣菜コース。

だけど講座を受けたことで、
夕食を夜にまとめて作らなくてもいいと分かりすぐに実践してみる。

昼ごはんを作るついでに豚肉と野菜を茹でておいて、
さっと出すだけの豚しゃぶにしておいたところ、
帰宅すると夫と子供たちで夕食準備がほぼ終わっていた!
(買い物する時間もいつもなら20分かかるので、ここでも時間短縮)

家事を分解し、スキマ時間についでにやっておくことで、
夕食準備の時間を短縮することができた。
また、一つ一つの作業が簡単になったことで、家族にも家事を手渡せた。

まさに講座の中でようこさんがおっしゃっていたことが、そのまま現実になり
教わったことを素直に実践することで、すぐに効果が出た!

家族からの不満も。

ただ、全てが順調だったわけではない。

普段にハレではないケの食事を取り入れたことで、
夫から、
「(夕食の)メインがない。
一日仕事を頑張って仕事をしてきているから、夜ご飯に楽しみが欲しい」
という不満の声・・・。

すぐようこさんに相談したところ、
私だったら 
・ごはん+ご飯のお供
・またはパパと一緒に買い物行って
 「何か小腹が空いた時に食べてもいいよ、だけど自分で用意してね^^」と
  レトルトのおでんとか買ってた時もありました

とアドバイスをいただく。
教わったことをすぐに実践、上手くいかなかったことはすぐに相談。

このルーティンのおかげで変化を起こせた!

目に見えた効果が出始めた最初のうちは楽しく取り組めていたが、
マンネリ化する時期も訪れる。
特に、毎日のスケジュール立てと振り返りが、
だんだんタスク化してしんどく感じる時もあった。

記録が証明してくれた私の変化


ようこさんへの報告も、始めは毎日!と決めていたが、
2日、3日と、だんだん報告の頻度が開いていく・・・。

しかし、自分の変化は記録が証明してくれた!
怠けかけていた私を奮い立たせてくれたのは、
全体講義前日のようこさんからの提案。

「生徒さんへのインタビューの箇所で
 藤井さんにインタビューさせてもらってもいいですか?

 出来ないが出来るに変わった経験を
 サラーっと記録に書かれていますが
 
 (中略)

 とっても価値ある記録だと思うので
 
 これまでに出してもらった記録から
 特に私が聞きたいところを掘り下げて
 聞いてみたいなと思っています。」


正直とても驚いた。

最初こそ大きく変わったかもしれないが、
最近はそんなに目に見えた変化はない。

スケジュール立てや振り返りの記録もタスク化しかけている。
なのに、記録に書いてある?

そう思って自分の記録を見返した。
すると、2週間前からの自分の変化が、確かにそこにあった。

今の自分には当たり前だったことが、
以前の自分には当たり前ではなかった。

日々の変化が小さくなると気づかなかったが、
振り返って見てみると、大きな変化が自分に起こっていた。

たった2週間で私はこんなに変化できたんだ。
毎日書き続けてきた変化の記録がそれを証明してくれた。

記録を振り返り、自分の変化を振り返って実感したことで、
さらに大きな自信になりました。

私が変わることで家族にも変化が!


毎日3時間の自分時間を持てるようになり、家族にも変化がありました。

タイムクリエイトlabに参加したことで、
毎日3時間の自分時間を持てるようになり

時間が生まれることによる変化は、想像以上に大きかった。
自分の趣味の時間も思い切り
楽しむことが出来るようになった。

一つ一つの時間を区切り、
目的を持てるようになったことで、時間の質が向上。

以前は、他のことが気になって、
子供との時間も思い切り楽しめていなかったが、
やるべきことをやる時間をきちんと充てることによって、
他のことが気にならなくなった。

今は目の前のことを思い切り楽しめる。
子供と触れ合っている時間は、それだけに集中すればいい。
すると、子どもへのイライラが消え、
想定外の動きさえ「愛おしい」と思うように。

気が付くと、
私の口からたくさん出てくるようになったコトバがあった。

「かわいい❤️」
「大好き❤️」

そしたら、子供たちにも変化が起きて
癇癪を起こしたり、イライラしていることが減った。
ママを助けたいと、進んでお手伝いをしてくれるようになった。

子供たちの口からも毎日「大好き❤️」と言ってもらえるように!


そして、
ラスボスだと思っていた夫にも変化が・・・!


以前は、「(夕食の)メインがない」と言っていた夫。
早起きをすることで夫を起こしてしまって、文句を言われたこともあった。
きっと、生活が変化していくことに不満と戸惑いもあったはず・・・。

しかし、同時に、
私の変化を一番近くで見てくれていたのもまた夫だった。

・ずっと早起きが苦手だった私が、
 毎日4時半に起きれるようになったこと。

・イライラして子どもにあたっていた私が、
 毎日「大好き」と子供を抱きしめるようになったこと。

・些細なことでも夫に感謝の気持ちが芽生え、
 「ありがとう」と伝えられるようになったこと。

私に起きた変化が、夫も変化させた。


新しい挑戦のためにインスタを始めた私に対して、
「インスタをやるならもっといいカメラのスマホにしたら?
 お金出してあげるし、買ったらいいやん」
と夫から提案をしてくれた。


新しい挑戦を始めようとする私に対して、
「自分が思う通りにすればいいと思うよ。」と理解をしてくれるようになった。
多くを語らない夫だが、今は家事も率先してやってくれる。
私が没頭できる環境作りを陰で支えてくれている。


自分が変わることで、家族が変わった。
相手を変えたいなら、まず自分が変わること!

私の挑戦!クリエイターになる!

全体講義のあと、ようこさんからクリエイターにならないかと打診をいただき、
ワクワク胸躍る自分がいた。

タイムクリエイトlabに出会ったことで、自分の生活や人生は大きく変わった。

自分に起きた大きな変化は3つ
・自分の趣味を思いっきり楽しめるようになった
・家族との時間を楽しめるようになった
・人生の充足感を感じるようになった

時間が生み出せたからこそ、
色々なことに挑戦したり
楽しんだり出来るようになった。

迷うことや考えることがなくなったことで、
重要なこと・本当に考えるべきことに
時間を使えるようになった。

育児も、家事も、シゴトも、趣味も、諦めない。
やりたいことは全部やる。

それを叶えられるようになったのは、
時間をコントロール出来るようになったから。

時間を生み出すことは、人の可能性を広げる!

自分と同じように、「時間がない」を理由にして
自分のやりたいことを見て見ぬふりをしているママたちの
可能性をひろげたい!

自分の人生を思いっきり楽しんで欲しい!

そして、そんなママの背中を家族に魅せて、
家族にもいい影響を及ぼし、
幸せな家庭を増やしたい!

そんな想いでクリエイターになることを決意しました。

まとめ

家族に背中を魅せる私になる!
クリエイターとして新しい人生を歩み出した私。
3ヶ月前の私には想像も出来なかった生活を今、手にしています。


私が届けたいのは、
少し前の自分と同じように、
新しいことに挑戦したいのに
「時間がない」を言い訳に一歩が踏み出せずにいる人。


時間が生み出せるようになることで、
新しいことへの挑戦も自分の楽しみも家族との時間も、
全部欲張りに叶えていいんだよ、と伝えたい。


そして、自分が好きなことややりたいことに没頭し、挑戦し、
自分の人生を楽しんでいる背中を家族に魅せること。
そして、家族にも自分の人生を自分で選択できるようになってほしい。

そんな風に背中を魅せられるママが増えることで、
幸せな家庭を増やしたい!


ようこさんから教えてもらった、
ビジネスの大師匠のコトバが私の背中を押してくれている。

「大丈夫、
 人生は思い通りにいかないものだけど、
 あなたが思った通りにしかならないから。
 自分は大丈夫だって信じるんだ」


私の挑戦はここからはじまります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました