ミニマリスト

とにかく軽く!!ミニマリスト家族の親子遠足グッズはこちら

新緑の気持ち良い季節。

毎年恒例の保育園の親子遠足に行ってきました!

 

こんなところでもミニマムっぷりを発揮します。

とにかく軽さが命。

 

車を手放す2年前までは保育園までの行き帰りもマイカーを使用していましたが、今はもちろん徒歩または路線バス。

全ての荷物を夫と私のリュック2つに収めなくてはなりません。

 

 

ちなみに車を手放す前、親子遠足や運動会でこちらの2つが活躍していました。

ライゼンタール キャリーバッグ

 

現在も家の中の荷物移動に活躍しています。

 

スタンレーの水筒

 

水筒自体が重くて、リュックでの持ち運びには重かった。

こちらはラクマに出品したら、すぐに売れてしまいました。

 

 

現在は・・・

水筒

 

水筒は子ども各自で一つずつと、大人用に一つ。

大人用は最近買ったこちら。

 

お弁当箱

 

お弁当は各個人ずつに作るのが一番コンパクトなのでしょうが、

運動会や親子遠足なら、やはりみんなでおかずをつつき合いたい。

 

「お弁当は友達と食べるから・・・」

と言われるその日まで、このスタイルで行きます。

 

しかし、重箱を使用することは出来ません。

なぜならリュックに入らないから。

 

そこで登場するのが愛用中の野田琺瑯。

リュックに綺麗に収まるのは、深型レクタングルMです。

 

ちなみに、以前は浅型を使用していました。

 

今回のお弁当のおかずは、子ども達のリクエストのみ。

・ハンバーグ(ケチャップ・ウスター・醤油のソースが美味♪)

・にんじんしりしり(息子の大好物)

・キュウリの浅漬け(エバラの素を愛用中。安定の味。)

・ミニトマト

・フライドポテト は野田琺瑯に入りきらず、別容器に。

(やっぱり揚げたての味見の時が一番美味しかった)

(出発時間まであと10分しかなく、大急ぎで詰めました。雑です・・・)

 

おにぎりは1人2個ずつ。(4人でお米2合分)

食べやすいように、いつも一つずつラップに包んで容器とは別にナイロン袋にまとめて入れています。

こうすると、お弁当を広げなくてもフライングで食べたりすることもできます。

 

 

おやつ

 

保冷剤代わりにゼリーを凍らせて。

食べてしまうので、帰りは軽〜くなります。

こちらのララクラッシュは、クラッシュされた部分が溶けにくいようです。

暑い季節の子どものお弁当にいいですね。

 

お菓子をたっくさん持ってくる家庭もあるようですが、

我が家は1〜2種類しか持って行きません。

子ども達のお付き合い用というのでしょうか?

 

園児用にと保育園から配布されるものもありますし、

キリがないので、お菓子は持ってこないという方針にしてもいいのでは?

と思ってしまいます。

まぁ、子どもの気持ちを考えると「そこがメイン」と言えるのかもしれませんが。

 

 

レジャーシート

 

7年ほど使用している携帯に便利なシート。

厚手のシートなので、地面がゴツゴツしていても平気です。

こちらもリュックに入ります。

 

以上に紹介した形が、現在のベストです。

アウトドアグッズに疎いので、まだまだ探求の余地ありです。

最近夫がトレイルランにはまっているので、

もっと軽くてもっとコンパクトな道具を探してくる日も近いかなと思っています。

 

 

今日は保育園に到着した後も、自宅まで徒歩で帰りました。

子どもも一緒に40分の道のり。

たくさん歩いた1日でした!

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

ブログランキングに参加していますので、よろしければ応援をお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ABOUT ME
yuko
34歳。2児(9歳、5歳)の母。 身軽に生きていくために働き方を変え、この春から在宅ワークを始めました。