お客様の声

料理のレパートリーを増やそうと、自分で自分の首をしめていました

こんにちは。

余計な食材や調味料を買わない
余計な道具を買わないし使わない
余計な情報を入れない
余計な手間をかけない

余計なことは何もしない
すっきりキッチンとシンプルごはんで
働くママの自分時間を30分ふやす
「整えキッチン」主宰の加藤ようこです。

 

先日、開催しました
ひらがなごはん オンラインワークセミナー。

このセミナーは
私が考案したプログラム
「整えキッチン」の中の
最も軸となるメインワークに
取り組んで頂くことで

食事づくりは今よりもっとラクにできる!

ということを実感し、
学んだその日から
実践していただける内容となっております。

参加いただいたMさんより

料理のレパートリーを増やさないと!
と気負っていた気持ちがなくなり、
とても気持ちが楽になりました。」

という嬉しいご感想をいただきましたので
ご紹介させていただきますね。

 

お客様の声

1.このセミナーに来る前はどんなお悩みをお持ちでしたか?

食事づくりがつらいし、
なかなか献立が決まらないこと。

また、子どもを泣かせたまま待たせたりと
時間の制約があるので
自分の思うように作れないことがストレスでした。

2.セミナーで気づいたことは何ですか?

食事づくりは
もっとシンプルに考えれば良いということ。

これまでは
1つでも多くの食材を食べさせようと
あれこれ入れたり、

食卓にバリエーションを持たせよう
レパートリーを増やそう

と和洋中いろんな料理に手を出し、

自分で自分の首をしめていたなと思いました。

3.解決したこと、参考になったことは何ですか?

食卓がパターン化しても問題ない
という考え方や

子どもに好き嫌いがあっても大丈夫
ということを聞いて
気が楽になりました。

4.加藤ようこはどんな人でしたか?

家事に対して気負ってないけど
とても丁寧な感じがして、素敵だなと思いました。

説明も分かりやすかったです。

5.このセミナーはどのような方にオススメですか?

料理に負担を感じている人。

もっと早く聞いていれば
子どもの好みもコントロールしやすかったかも…
と思うと、
妊婦さんやその旦那さんにも参考になりそうです!

Mさん、ありがとうございました!

 

おうちごはんはレストランの食事ではありません

Mさんも書かれていましたが、
バリエーション豊富な食卓にしなきゃ!
レパートリーを増やさなきゃ!
とお考えの方はたくさんいらっしゃいます。

何を作ればいいのか分からないからと
雑誌やレシピ本に掲載されている
“1週間の献立表”を参考にしようとしても

和洋中バリエーション豊富なレシピが
毎日提案されており、
眺めているだけでもなんだか疲れますよね。


(先日買って食べた“30品目のお弁当”。おうちで作るのは大変です…)

 

しかし、日々の食事は
ハレとケでいうケの日の食事。

ケの日=日々の食事は
健康な体を作るためにいただくもの。

バリエーション豊富でなくても、
豪華でなくても、

健康な体を作るための食事を
作ることができます。

それにあなたは
レストランのシェフように
お金をもらって食事を提供しているのではありません。

 

昔ながらのおうちごはんである
ひらがなごはん は

ごはんとお味噌汁をしっかりと、
そして
旬のものを使ったおかずを添えて完成するので

手間なくラクに作れます。

ごはんとお味噌汁がメインなので
おかずをバリエーション豊富に作る必要はありません。

日々の食事作りは
暮らしが続いていくのと同時に
永遠に続くもの。

疲れることのない食事作りに
変えるべきです。

 

いよいよ3月に突入しました。

新生活が始まる4月までに
Mさんのように食事づくりをラクにしたい!

という方は

3月後半に開催するセミナーを
楽しみにお待ちくださいね!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
加藤ようこ
夫と小学生4年生の娘、保育園年長児の息子の4人家族。 余計なことは何もしない、すっきりキッチンとシンプルごはんで 働くママの自分時間を30分ふやす 「整えキッチン」を主宰 。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です