タイムクリエイトlabの無料メルマガ登録はこちら≫

【成果事例】

【ママの時間割の作り方】

時間割通りに動ける自分になりたい人へ 理想と現実のギャップを埋めるためにするたった2つのこと

理想の時間割を作ったのに、決めたとおりに動けない。理想の時間割と実際の動きが違いすぎる。決めた時間より時間がかかってしまって、後の予定ができないとか、寝る時間を削ってやることになる。そんなお悩みありませんか?2つのポイントから時間割を作ることで、1歩ずつできないをできたに変えて決めた時間割に近づくことができますよ。
【タイムクリエイトlab受講生の声】

疲れていてもいつでもおうちで簡単にご飯ができるようになりました♡

自分の時間がない!子どもたちに振り回されて、寝落ちしてしまうことに後悔していた方が、タイムクリエイトlabを受講することで、外食に頼らなくても、ご飯が作れるようになり、さらに節約も叶った。そんなタイムクリエイトlabの秘密をご紹介します。
【タイムクリエイターの声】

\できる範囲でやる自分から卒業しよう!/ ​​​​ずっと誰かのために生きてきた自分が、自分への遠慮と躊躇を捨てたことで、 自分の可能性を楽しめるようになったストーリー

自分に自信がない、起業をするなんて自分には無理と思っていたママが、Wワークをしながらも起業準備を進め、たった5ヶ月で遠慮と躊躇を捨てて自分の可能性を楽しめるようになったストーリーをご紹介します。
【ママの時間割の作り方】

時間割がうまく立てられないときに
初めにやってほしい2つのポイント

時間割を立てるといいと言われたけれど、自分が何に時間がかかっているのかわからない、やるべきことでいっぱいになる・・そんなお悩みありませんか?時間割を作ることに時間がかかっていた私ですが、理想の時間割を描き、時間を記録することで自分の時間の使い方をもっとよくしたいと考えるきっかけとなりました。自分の時間を把握することができたら、自分だけの時間割を作り、迷わず動けるようになりますよ
【リサーチャーの声】

🌈\家事を使って家族が幸せになれる?/ 全ての家事を自分でこなしてきた私が家族が家事に参加しやすい環境に整えたことで本当に大切なことに気づけたストーリー

全ての家事を自分でこなそうとしてしまい、家族を家事に巻き込む方法がわからない。だけど、家事を使って家族を幸せにしたい! 家事を効率化してできた時間を子どもと向き合う時間に変えたことで「家事を使って家族を幸せにする」ということの意味がわかった♡ そんなストーリーをご紹介します。
【ママの時間割の作り方】

つくるだけで自分時間が生まれる!?時間割のすすめ

買ってきた本を読もうと思ったのに、買い物に行って、ご飯の準備をして、溜まった掃除洗濯をしていたら気づけば1日が終わってしまった。 そんなお悩み、ありませんか?今、私と同じように悩んでいる方も小学生の子どものように自分のために1日の時間割を立てることで、今日やることが明確になって1日の充実度がアップしますよ!
【タイムクリエイターの声】

\パパも子どもたちも家事参加が楽しくなった✨/
1人で全てを抱え込みイライラしていた私が
パパに感謝の言葉を伝え続けることで
応援してもらえるママ起業家になれた話

パパに家事を手伝って欲しいけどなんて伝えたらいいかわからない、そんなお悩みありませんか?以前はそんな悩みをもっていた山田智美さん。タイムクリエイトlabに出会い、家族の家事参加のポイントをつかんだことで、パパも子供も家事が自分ごとになった山田智美さんのストーリーをご紹介します。
【成果事例】

人生の満足度がぐんと増える方法

何か決断する時に、自分で決めることができていますか?あるいは旦那さんやお父さんやお母さんに決めてもらっていますか?人生をどうしていきたいのか?を自分で決められないと 時間持ちになるまですごく遠回りしてしまいますよ。
【成果事例】

子どもに「普通」を押しつけていた私が子どもに夢を魅せられるママになれた!

子どもがこれやりたい!っと話してきたときに、心から応援ができなくて夢をつぶしていませんか?それは、あなたが夢を持っていないからです。職場と保育園と家の行き来だけ、いつもと同じことばかりしていても心が躍るような夢がふっと湧いてくる訳ではありませんよ
【タイムクリエイターの声】

自分ひとりで家事を抱えていたママが、1分の時間の重みに気づき、家族を頼れるようになったストーリー

家事は自分がやらなくてはいけないと思っているママが、とことん時間と向き合った記録を振り返ることで、1分の時間の重みに気づき、家族を頼れるようになったストーリー。ポイントは、時間の把握をすることで変えられるポイントを見つけられる、自分がここが上手くいけばいいというポイントをおさえる、1分でできることに気づき、時間の重みを感じる。
タイトルとURLをコピーしました