朝活歴20年!早起きを習慣化できるルーティーンをつくる#4 二度寝に負けない!これをやれば一人でも起きられる!

生徒さんの記録
アラームが鳴ったのになかなか布団から出られず二度寝してしまったということはありませんか?この記事は、「早起きしたい!」「朝活をしたい!」「自分時間を確保したい!」と思っている人に向けて早起きを『習慣化」』できるヒントをお伝えします♪

「早起きしたい!」でも布団から出られず二度寝してしまう!

目覚めてから布団を出るまでに
どれくらいの時間がかかっていますか?

 

全国の10~60代の男女1200名に
睡眠に関する悩みについての調査(PRTIMES)をしたところ

 

「目覚めてから布団を出るまでにかかる時間
(一度目覚めて二度寝した時間も含む)」が
「5分以上かかる」と回答した人は

 

平日で52.2%

休日になるとその割合は増え
65.4%に

 

平日、休日ともに

すっきり起きられず
布団の中で一定数時間を
過ごしてしまう人がいることがわかります

 

 

布団から出るのがまだ寒い…暗いとさらに寒く感じる!

まだ肌寒く感じる4月

朝は布団から出るのが
ちょっと寒い…

 

日の出が遅い時期は

部屋が暗いと
さらに寒く感じてしまい

 

布団の中はあっかいなぁ…

あと5分…
あと10分…

 

結局二度寝をしてしまい

布団から
なかなか出られないことがありました

 

もう二度寝をしない!3つの工夫を紹介!

早起き歴20年の私が

 

2度寝を防ぐために
工夫していることが3つあります

 

①エアコンタイマーを
   起きる30分前にセット

起きる前から
エアコンをつけておくだけで

部屋が暖かいので
布団から出やすくなりました

今では、エアコンの音だけで
起きる日もあります

 

②カーテンを開けて寝る

起きたときに

部屋が明るいと暖かく感じて

朝日を浴びると頭がスッキリします

 

③布団のそばに靴下を置く

起きてすぐに靴下を履くと

布団から出やすいことが分かりました

裸足でいるのが寒いので

今ではアラームを止めたら
すぐに靴下を履くようにしています

 

 

 「成長を妨げるコトバを、今すぐ捨てよう」できない理由を探すのをやめた!

早起きをすることが
できない理由は

たくさんあげることができます

 

だって、寒いから…
でも、寝るのが遅かったから…

 

タイムクリエイトLabでは

「成長を妨げるコトバを今すぐ捨てよう」
ということを学びました

 

 

「でも」

「だって」

「どうせ」

 

 

これらの言葉は

できない理由をあげる時に
必ず使われます

 

二度寝をせずに
早起きを続けることは
きっと誰にでもできます!

 

タイムクリエイトLabでは

早起きを続けて

自分時間を楽しんでいる
ママ達がたくさんいます♪

 

できない理由を探すことはやめて
「できる工夫」を考えてみませんか?

 

タイムクリエイトlab
アンバサダー みつ

 

 

何かと忙しい
春のこの時期…

 

家族を家事に
巻き込んで

慌ただしい生活から卒業しませんか?

 

タイムクリエイトlabの
メールマガジンには

 

ママ達の叶えたい
スタートをきるための

ヒントがたくさん!

 

ぜひ登録して
そのヒントを受け取ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました