食事作りも思考もシンプルになる無料メルマガ登録はこちら≫

プロフィール

こんにちは。

複雑な思考をシンプルにすることで
家庭内の90%の問題を解決する

Home comfortableナビゲーターの
加藤ようこです。

私は
兄、父母、父方の祖父母の
6人家族の末っ子長女として
生まれ育ちました。

女性は仕事をしていても
家事育児をしっかりこなすのが
当たり前、

むしろ
男性にさせてはいけない

という田舎特有の
封建的な家庭に育ちました。

そして小中高と
バスケ部に入っていましたが、

今の時代では考えられないほど
叩かれたり蹴られたり…
という指導を受けていました。

強かったから
誰も疑わなかったんですよね。

先輩たちも
バスケの強豪校に進学して
活躍されていたので、

幸せや自分が欲しいものを
手に入れるためには

歯を食いしばって
努力して生きていかなきゃいけないんだ

と思って生きてきました。

そんな体育会系で
家事なんか一切しなかった私も

高校3年の時に
お友達にその場のノリで
お弁当を作ることになったのを
きっかけに
レシピというものを見るように。

その頃は若者が読むような
レシピ本なんてなく、

当時読んでいた雑誌ノンノに
掲載されていたレシピを
必死になってスクラップしていましたw

母親もフルタイムで
働いていたので、

私が遊び半分で作る料理を
すごーく重宝してくれて。

料理をすることで
彼氏や家族に感謝されるのが嬉しくて

料理を『面白いかも〜』と
感じるようになってからは

栄養学に興味を持つようになり、

栄養士の資格が取れる学校に
進学しました。

栄養学を学ぶのは
すごく面白かったんですよね。

関西でも有名なダイエット講座を
されている先生の授業を取っていて、

当時流行っていたテレビ番組
『発掘!あ〇あ〇大辞典』
の裏事情とか教えてもらってたんです。

『〇〇を食べれば痩せる!』

とメディアが発信することが
いかに危険なものかって

研究者としての主張だけでなくて

『食べること』がいかに尊いものなのか

一生忘れられないような
大切なことを教わりました。

卒業後は
福利厚生が良さそう!
という理由で

行政機関で働く栄養士に
なりたかった私ですが、

当時はそもそも
募集自体がなかったんですよね…

食の分野で働きたい!
という思いはあったけど、

親の強いススメもあって
事務職の公務員試験を受けたら…

ラッキーなことに一発合格。

勉強した栄養学は
実生活で活かせばいいじゃん
と言われ、

そのままの流れで
公務員として働く日々が
スタートしました。

ちょうどその頃から
本よりもネットで
レシピ検索するのが
主流になってきて、

お店で食べるような食事も
おうちで作れるのがすごく嬉しくて

レシピ検索しては
どんどんブックマーク登録を
していました。

そして
結婚して、子どもを妊娠してから
ますます食の知識を入れていくことに
熱が入るようになりました。

保健師さんや母親、
インターネットから
たっくさん情報を仕入れていると、

スーパーで
普通に売られている
あれもこれも
実は危険な食べ物じゃん!!

と添加物を
恐ろしいものと捉えるように。

でも、
その食生活に軸はなくて

テレビや雑誌、インターネットで
見聞きする度に
情報に踊らされていました。

結局はその時の自分にとって
都合の良い情報を
受け取るような暮らしでしたね。

3歳児神話を信じていた私は
第一子が2歳半になるまで
育休を取得。

当時、子どもには
自然食品のお店で買ったものか
私の手作りしたものしか食べさせない

という必要以上に
気も時間も使った
食生活を送っていました。

比較的時間に余裕のあった育休中は
まだそれでも
暮らしが回っていたのですが、

育休から復帰したあと、

私の生活は
パニック状態になっていきます…。

女性は家事と育児を
きちんとやらなければいけない

と、小さい頃から
そう言われて育った古い価値観と

女性活躍推進を進める職場での
新しい価値観との板挟みになって
タスクだらけの毎日に。

『やらなきゃ』が
ずーっと頭の中を
支配していたんですよね。

手抜きの仕方が分からなくて
食事も育休中と変わらず
ほとんど手作りしていたし、

その他の家事も仕事も育児も
やることが多すぎて
何もかもが終わらない。

だからと言って
仕事で帰宅の遅い夫に
家事育児をお願いするだなんて
絶対にしちゃいけないこと。

たくさんの育児書も
読んだりして、

子育ては親育てって言うし、
経験も努力もまだ足りないから
もっと頑張らなきゃ!

って思っていて。

もう、
睡眠時間を削るしか
なかったんですよね。

常に気だるさやイライラを感じながら
家事はこれまで通り
抜かりなくして、

仕事は子どもの預け先を
なんとか見つけて
上司に黙って
休日出勤をしていました。

当時、超心配性だった私は
どれだけ必死になって
タスクをこなしていても

何か抜け落ちているんじゃないかって
不安でしょうがなくて、

毎晩眠りにつく際も

『明日あれやらなきゃ』
『アレ大丈夫だったかな?』って

ずっとタスクが頭の中を
支配していて、

『休む』ことが
全く出来ませんでした。

もちろん、
自分がやりたいことをする時間なんてなくて、

むしろ仕事や家事をすることで
タスクが減っていくことに
喜びを感じていたぐらいです。

バスケ部時代に培った

『どれだけしんどくても、
歯を食いしばって生きてれば、
きっといいことがある!』

この事を本気で信じていたので、

ワンオペ育児で
ドタバタな毎日でも

『洗濯機も掃除機もあって
職場もそれなりに理解もあるし、

昔のお母さんに比べたら
私なんてまだラクな方』と

変に自分を励まして
頑張っていました。

比べる対象がいつも
『おしん』とかで

本気でそれ思ってんの?

って友人に言われてました(笑)

でもね、やっぱり

思い通りにコトが進まなかったり
疲れているときは

何で私ばっかり
頑張らなくちゃ
いけないんだろう?

って不機嫌になったり、

私も頑張ってるんだから、
あなたも頑張ってよ!

と、自分以上の頑張りを求めて
夫にイライラしてましたね。

解決策を求めるのではなく
八つ当たり。

子どもに対しても

ママ頑張ってご飯作ったんだから
残さないでよ!

とか

こんなに散らかして
またママの仕事増やしたいの?

って、子どもが泣くまで
怒鳴り散らすことも
度々ありました。

そして
子供の寝顔に謝る日々。

辛くなればなるほど

もっといい解決策があるんじゃないか

って
ネットサーフィンだけは
し続けていて

おしゃれな料理研究家さんや
人気ブロガーさんが紹介されていた
調理家電や便利グッズを見かけては、

この道具があれば
私の家事力も上がって、

憧れの人と同じような
ライフスタイルを過ごせる!

そう期待して
次々新しいものに
手を出したりもしたんですけど…

思うように使いこなせなくて
すぐに飽きてしまう。

『自動』って便利な道具で
あればあるほど
管理がややこしいし、

たくさん買ったキャラ弁グッズも
洗う手間が面倒で
ほとんど使わなくなってしまいました。

もので溢れかえったキッチンは
掃除の手間も時間もかかるし、

子供に怒ってばかりで
全然理想のお母さんになれない。

毎日しんどすぎるから
仕事やめたい、

そう言っても

公務員という職を捨てる
なんて考えられない!

と誰に相談しても
反対されるし。

私、どうすればいいんだろ?

って途方にくれていた時期に

とある方のブログに出会ったことで

私の人生が
ガラリと変わっていきました。

その方は一般の
主婦ブロガーです。
(もうブログは辞められたようです)

毎食お米やお味噌汁を
たくさん食べて
おかずは簡単なものを少し。

すごくシンプルな食事を
発信し続けていました。

実は私、
初めの頃は

その方の発信を見ても
シンプルな食事に対して
良いイメージを抱くことが
出来ませんでした。

お米とお味噌汁がメインって、
貧相な感じ?

満足できないんじゃない?

栄養が足りないんじゃない?

そう思っていました。

ですが、
食に対する好奇心が旺盛だった私。

その方の言うことを
調べ研究してみると…

なるほど!と
納得できるものばかり。

私が学んできた栄養学の落ち度や

現代の食事が
日本人の体質に合っていない事、

生産体制に無理があって
地球環境に負担をかけている事、

昔ながらのおうちごはんが
いかに素晴らしいものか

をよく理解できました。

そして、
簡単な和食を作って食べる
毎日がスタートしました。

すると上に書いたような
シンプルな食事に対して
抱いていたイメージとは

全く異なる
食生活に変わりました。

✔栄養も
✔手間も
✔時間も
✔気持ちも
必要十分だったんですよね。

また、シンプルな食事が
私の体に合っていると実感したのは
第二子の授乳の時。

第一子の授乳期は
思うように母乳が出なかったのですが、

シンプルな食事に変えた
第二子の授乳期は
出過ぎなほどの完全母乳。

これには本当に感動しました。

そして離乳食づくりも
本っ当に簡単になって。

ストレスを全く感じませんでした。

私はこれまでの人生、

いかに情報に
振り回されていたのか
を痛感。

必要十分な食事を毎日作り続けていく事で
『いかにシンプルにするか』を
考える訓練ができた私は、

複雑に考えていた
仕事も家庭も育児も
何事もシンプルに
考えられるようになりました。

私が心からやりたいと思う仕事ってどんなこと?

私が本当に望む働き方って何?

これまで
親の期待に応えることや

周りの目を気にして
動けない日々を過ごしていましたが、

夫にアドバイスされた

『どうせ転職するのなら
自分にとって
プラスになる転職をしたら?』

の一言で

場所にも時間にも縛られない
働き方をすることを決意。

転職にはもちろん不安もあったけど

自分にプラスになりそうな
在宅秘書という仕事を見つけ、

自分は何をすればいいのかを
転職先にもしっかり確認して

不安をかき消すくらい
しっかり勉強しました。

もちろん、
残りの公務員としての仕事も

目の前のことに忙殺されないよう
スケジュールを俯瞰してみたり、

とにかく先手先手に動いて

後々自分や後任の人が
苦しまないようにも気をつけましたよ。

寝付けないほど
タスクを抱えることに
負担を感じていた毎日だったのに、

思考がシンプルになったら
全然平気だったんですよね。

家事も必要十分が分かったので
これまで以上に頑張ることはなく、

毎晩、子供と向き合う時間を
しっかり確保できるようになりました。

寝る前に
絵本の読み聞かせをしたり、

ひたすら折り紙で
手裏剣を折ったり、

夢中になって
塗り絵を楽しんだり。

私が必死に遊ぶ姿は
子供にとっても
嬉しかったよう。

予想外に嬉しかったのは

家族が応援してくれる環境を
自然と作れていたこと。

あれもこれもと所有していた家が
必要十分なまで

シンプルに家族に分かりやすい家に
なったことで

私がいなくても
暮らしが回るようになりました。

夫に家事育児を
任せられなかった私ですが、

これだけしてもらえればOK!

と私の家事に対する価値観が変わったり、

夫もこれまでしなかった
ワンオペ育児を初めて経験したことで

『今までゴメン。』

と気持ちも行動も切り替わり、
家事参画にとーっても協力的になりました。

私は公務員から転職するとき、

✔場所にも時間にも縛られない
働き方をする!

✔オンラインで仕事する!

という条件さえ満たせれば
良かったので、

(↑これだけでも大きな挑戦なのです)

『ひとまずは
今の自分にできることを』と

在宅でベンチャー企業の
秘書業務や事務仕事を始めたのですが…

そこでは
「サザエさん症候群」のない人たちに
たくさん出会いました。

男性も女性も

産後3ヶ月のお母さんも
新卒の女の子も

自分の好きや得意なことを
仕事にしていて、

毎日の生活をワクワク楽しんでいるのです。

環境って人を変えるんだなって

初めて心の底から思いました。

起業のキの字も
考えたことのなかった私が、

もし

私が好きなことを仕事にするのなら…

私が誰かを助けてあげられるとしたら…

と考えるようになったんです。

ちょうどその頃
今のビジネスの師匠に出会い、

そして2019年、

余計な食材や調味料を買わない
余計な道具を買わないし使わない
余計な情報を入れない
余計な手間をかけない

すっきりキッチンと
シンプルごはんで
働くお母さんの自分時間を
30分増やす

「整えキッチン」の活動を
スタートさせました。

私は2019年の1年間、

セミナーや個別相談を通して
たくさんのお母さんの
食事づくりのお悩みについて
お話を伺ってきたのですが、

ほとんどの方が
食事づくりだけのお悩みに終わらず、

✔子育てや夫婦関係
✔片付かない家
✔健康問題、
✔ネガティブ思考

など
家庭や自分自身のことでも
悩んでらっしゃいました。

それらの問題が生まれることで

やりたいことに取り組めない、

自分らしく生きられない

お母さんが
本当にたくさんいらっしゃいます。

そのお母さんたちは
サボっている訳でなくて

むしろ
しっかり勉強もして
ノウハウも手に入れて
現状をなんとか打破しようと
頑張ってるんですよね。

でも、

ノウハウだけじゃ
一向に解決できないんです。

むしろ
ノウハウや情報を
取り入れすぎているせいで
苦しんでる人が本当に多い。

ただ、それらの悩みを

整えキッチンで
すっきり解決できた生徒さんも
たくさん見てきました。

生徒さんはどうして変わったのか

というと、

『シンプルな思考』に
整えることが出来たから
変われたんですよね。

そこで、

家族の問題を根本から改善することで
もっと笑顔の家族が増えてほしい!

そして

一人ひとりのお母さんが
自分らしく楽しく生きる姿を
子どもに見せてほしい!

こんな想いから、

整えキッチンを
バージョンアップさせることにしました。

そして2020年、

複雑な思考をシンプルにすることで
家庭の問題を解決する

Home comfortable Style Labを
スタートさせました。

活動の最新情報は
1日1分で読める
メルマガからお届けしています!

食事づくりを整えながら
思考もシンプルにして、

時間と気持ちにゆとりを作りたい!

そう願っているお母さんに
素敵な情報を毎日お届けしています!

無料のメルマガ登録は下記のフォームから
お申し込みいただけます!

タイトルとURLをコピーしました