整えキッチン

楽しく料理をするためには“リズム”を意識することが大切です

こんにちは。

余計な食材や調味料を買わない
余計な道具を買わないし使わない
余計な情報を入れない
余計な手間をかけない

余計なことは何もしない
すっきりキッチンとシンプルごはんで
働くママの自分時間を30分ふやす
「整えキッチン」主宰の加藤ようこです。

あわせて読みたい
【お知らせ】と改めましての自己紹介おはようございます。 いつも『身軽に生きる』をご覧いただき、 ありがとうございます。 これまで「yuko」という名前でブロ...

 

2月後半に「整えキッチン」のオンラインワークセミナー

育休中に身につけたい!
働くママの自分時間を30分ふやす
シンプルで美味しいひらがなごはん 

を開催します!

詳細はまた後日、ブログでもお知らせしますので
気になる方はチェックしておいてくださいね!

 

あなたは料理することを
楽しめていますか?

もし楽しんでいないのなら…

それは“リズム”が悪いのかもしれません。

本日は
楽しく料理をするために
なぜ“リズム”を意識することが大切なのか

このことについてお話ししていきます。

リズムが良いと楽しくなる

リズムが悪いとは
どういうことでしょうか。

トントン拍子に進まない、
スムーズにいかない、
止まってしまう…

なんだか前に進まないし
全然楽しくありません。

それではリズムが良いとは?

トントン拍子に進んでいく、
スムーズに前にどんどん進んでいく。

なんだか楽しいうえに、
物事が着々と進むので
時短にも繋がってきますね。

 

リズム良く料理をするための3つの提案

リズム良く料理をするために
下の3つの方法を提案します。

キッチンのコックピット化

リズムの良い料理とは
どのようなことが考えられるでしょうか?

軽快に野菜を切っていく

もありますが
それだけではないですよね。

欲しい道具が
すぐ手に届く。

どこにモノがあるのかを
きちんと把握しておいて、
棚を開ければすぐに取り出せる。

コックピットのような
キッチンであれば
無駄な動きをすることなく
料理が完成します。

 

行動を遮るものを置かない

調理台にものが溢れていたり
キッチンの床にものが置かれていると
行動を遮られ、
リズム良く動くことが出来ません

リズムが悪くなるうえに
危険です。

作業スペースは
広い方が安全で
ストレスもありません。

料理を始める前には
関係ないものをしまっておいたり、
床にはものを置かないように
しておきましょう。

もちろん、洗い場には
食べ終わった後の食器も
残さないのがベストです。

 

手慣れた料理を作ること

前々回の記事でもお伝えしましたが、

慣れた食材でないと
扱い方が分からない

慣れた調理法でないと
行程が分からない

慣れた味でないと
味の決まりどころが分からない

「分からない」ことが出て来ると、
いちいち確認する度に手が止まり
リズムが悪くなります。

新しいレシピは
時間と心の余裕がある時に取り組みましょう。

あわせて読みたい
料理を短時間で作るコツは『手慣れた料理を作ること』こんにちは。 余計な食材や調味料を買わない 余計な道具を買わないし使わない 余計な情報を入れない 余計な手間をかけない ...

 

まとめ

トントン拍子に進んでいく、
スムーズに前にどんどん進んでいく。

楽しく料理をするためには
“リズムの良さ”が大切です。

ぜひあなたも
リズムを意識して料理を行い
美味しいおうちごはんを
楽しんでください!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
加藤ようこ
夫と小学生4年生の娘、保育園年長児の息子の4人家族。 余計なことは何もしない、すっきりキッチンとシンプルごはんで 働くママの自分時間を30分ふやす 「整えキッチン」を主宰 。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です