整えキッチン

【子どものお味噌汁嫌いの原因】野菜の煮物になっているから?

こんにちは。

余計な食材や調味料を買わない
余計な道具を買わないし使わない
余計な情報を入れない
余計な手間をかけない

余計なことは何もしない
すっきりキッチンとシンプルごはんで
働くママの自分時間を30分ふやす
「整えキッチン」主宰の加藤ようこです。

2月後半に「整えキッチン」のオンラインワークセミナー

育休中に身につけたい!
働くママの自分時間を30分ふやす
シンプルで美味しいひらがなごはん 

を開催します!

詳細はまた後日、ブログでもお知らせしますので
気になる方はチェックしておいてくださいね!

 

平日は健康な体を作るため
ごはんとお味噌汁を基本とした
ひらがなごはんを食べています。

もちろん、うちの子どもたちも
一緒に同じものを食べているのですが、

一時期、お味噌汁を嫌がって
飲まない時がありました。

あなたのお子さんはどうですか?

残さず、喜んでお味噌汁を飲みますか?

今日はお味噌汁を嫌がる子どもから学んだ
お味噌汁の本来の役割についてお話します。

たくさんの野菜をとることができるお味噌汁

お味噌汁って万能ですよね。

どんな食材を入れても合います。

肉や魚、卵や豆腐に
旬の野菜や海藻類。

 

野菜も嵩が減るので
お碗一杯でもたくさんの野菜を食べることができます。

 

子どもがお味噌汁を飲まなくなった

それまでは残すことも嫌がることもなく
飲んでいたお味噌汁。

うちの子が突然
お味噌汁を嫌がるようになったのは

具沢山のお味噌汁を
食卓に出すようになった頃でした。

具沢山のお味噌汁は
お碗一杯だけで
たくさんの野菜をとることができるし、

その分おかずがなくてもいいやと
食事の支度もラクになるので
私は喜んで作り、食べていたのですが…

一方の子どもはというと、
上の部分の野菜を少しだけ食べ
お汁を少し啜ったら、もう食べない。

嫌いな野菜を入れているわけでもないし、
理由を聞いてみると…

お汁がちょっとしか入ってない…

と言われました。

 

お味噌汁は「水分をとるもの」

「病気知らずの体をつくる粗食のチカラ」
(著者:幕内秀夫)
の中で以下のように書かれてあります。

みそ汁はまず水分をとるもの、そして、体に必要な塩分をとるものであり、具はその次です。

引用:病気知らずの体をつくる粗食のチカラ(著者 幕内秀夫)

お味噌汁は『汁』。

一度にたくさんの野菜を取れることや
自分がラクしたいがために

お味噌汁は「水分をとるもの」という
当たり前のことがすっかり抜け落ちてしまっていました。

また、小さい子であればあるほど、
具沢山のお味噌汁を嫌う傾向にあるようです。

 

本末転倒にならないように

それからというもの、
お味噌汁の具はほどほどに入れるようになりました。

具沢山にしてしまったことが理由で
お味噌汁そのものを飲まなくなってしまっては
本末転倒ですからね。

「ごはんとお味噌汁」を基本とした食事が
健康な体を作ります。

もし、あなたのお子さんが
「味噌汁嫌い」であるなら、
具の量を減らしてみてください。

美味しそうにお味噌汁を飲むようになるかもしれませんよ!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
加藤ようこ
夫と小学生3年生の娘、保育園年中児の息子の4人家族。 余計なことは何もしない、すっきりキッチンとシンプルごはんで 働くママの自分時間を30分ふやす 「整えキッチン」を主宰 。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です