食事作りも思考もシンプルになる無料メルマガ登録はこちら≫

毎日“ハレの日”ごはんを作ろうとして、料理に疲れていませんか?

整えキッチン

こんにちは。

余計な食材や調味料を買わない
余計な道具を買わないし使わない
余計な情報を入れない
余計な手間をかけない

余計なことは何もしない
すっきりキッチンとシンプルごはんで
働くママの自分時間を30分ふやす
「整えキッチン」主宰の加藤ようこです。

Instagram
我が家のひらがなごはん を
掲載しています。

ぜひチェックしてみてくださいね→

 

日本の食卓は豊かになったと言われます。

本来は貴重で高級だった食べ物も
技術革新が進んで大量生産できるようになり

安価になんでも手に入るようになりました。

そのおかげで
一般家庭の日常の食卓でも

“毎日がお誕生日”のような
豪華な食卓が可能になりました。

SNSでもてはやされる
見栄えの良い食卓もそうですよね。

それらは“ハレとケ”でいう
『ハレの日』のごはんなのです。

 

『ハレとケ』とは?

『ハレとケ』とは
昔から日本に伝わる価値観のこと。

「ハレ」は祭礼や年中行事などを行う日のことで
例えば晴れ姿、晴れ舞台など言いますよね。

祭りの華やかさや行事の晴れやかさ、
ケガレを落とした後の清々しさが「ハレ」です。

 

一方の「ケ」は普段通りの日常のこと。

単調になりがちな生活に「ケジメ」をつけて
「ハレ」の日を迎える。

昔から、そうした物事の繰り返しで
暮らしのバランスを整えていました。

 

毎日ハレの日だとどうなる?

それでは毎日ハレの日だと
どうなるでしょう?

ハレが当たり前となって
ハレをハレと思えなくなってしまったり、

さらには
「もっともっと」と豪華なものを求めて
歯止めが効かなくなります。

 

ハレの日を楽しむために毎日のごはんに求めること

毎日のごはん=ケの日のごはん。

毎日のごはんは
豪華でなくて良いのです。

ハレの日を健康で楽しく過ごすためにも
毎日のごはんには
食事本来の目的である
健康な体を作るための食事を求めます。

生活習慣病などの病気になりやすい
油がたっぷりの食事は避けたいものです。

 

毎日のごはんは手間をかけずに想いを込める

母、妻、主婦、会社員…

たくさんの役割や責任を負い、
多忙に暮らす私たち。

慌ただしい毎日に
ハレの日ごはんを作っていては疲れてしまいます。

毎日のごはんは

ごはんとお味噌汁と
旬のものを使ったシンプルなおかずで
十分です。

手間をかけずに想いを込める

このことを心がけると
料理も随分とラクになります。

 

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました