整えキッチン

冷凍ご飯をおいしく食べるためのコツを伝授します

こんにちは。

余計な食材や調味料を買わない
余計な道具を買わないし使わない
余計な情報を入れない
余計な手間をかけない

余計なことは何もしない
すっきりキッチンとシンプルごはんで
働くママの自分時間を30分ふやす
「整えキッチン」主宰の加藤ようこです。

あわせて読みたい
【お知らせ】と改めましての自己紹介おはようございます。 いつも『身軽に生きる』をご覧いただき、 ありがとうございます。 これまで「yuko」という名前でブロ...

 

2月後半に「整えキッチン」のオンラインワークセミナー

育休中に身につけたい!
働くママの自分時間を30分ふやす
シンプルで美味しいひらがなごはん 

を開催します!

詳細はまた後日、ブログでもお知らせしますので
気になる方はチェックしておいてくださいね!

 

健康な体を作るための食事として
ごはんとお味噌汁、
そして
少しのおかずを組み合わせた
“ひらがなごはん”をおすすめしています。

ひらがなごはんでは
ごはん(お米)を主食にすることを
オススメしていますが、

食事のたびに
ごはんを炊くことを
負担に思う方もいらっしゃると思います。

そこで利用したいのが
冷凍ご飯。

冷凍ご飯を活用することで
手間が軽減されるだけでなく、

外食が減り
食費を抑えることができるようになります。

ただし、
何も考えずにごはんを冷凍すると
美味しく食べることが出来ません

本日は
冷凍ご飯を美味しく食べるためのコツを
あなたにもご紹介しますね。

冷凍ご飯を美味しく食べるためのコツ1

冷凍ご飯を
美味しく食べるための1つ目のコツ。

冷凍するごはんは
炊きたてのものを冷凍すること
が大切です。

冷めていく過程で
ごはんの美味しさが損なわれていくことは
化学的にも証明されています。

単純に考えても、
炊きたてごはんと
炊飯器の中で数時間置かれたごはん、
美味しいのは
間違いなく炊きたてごはんですものね。

 

冷凍ご飯を美味しく食べるためのコツ2

冷凍ご飯は
1食分ずつ冷凍すると便利です。

ここで大切なのことは
毎回、同じ量を冷凍すること。

そうすると、
解凍時間も固定されます。

ただし、
この解凍する作業が
冷凍ご飯の難しいところ。

と言いますのが、
ネットで検索しても
具体的な解凍時間の記載がないのです。

「10秒ずつ様子を見ながら…」なんて
よく書いてあるけど、
それってすごく手間ですよね。

それならば、
毎回、同じワット数で
同じ時間だけ解凍すればいいように
仕組み化すればいいのです。

 

私は、ごはんを冷凍するときに
ジップロックコンテナを使用しています。

(ちなみに写真の容器は
廃盤になっているようです…。)

容器が足りないときは
ラップで代用。

炊きたてご飯を
容器にいったん入れて、
ラップに移して包みます。

すると毎回同じ量を
冷凍することが出来ますよね。

 

私の場合、
1個あたり0.6合包んでいるのですが、
電子レンジ600wで
2分40秒解凍しています。

この解凍時間は
ご飯の硬さやレンジの機種、
包み方によって違ってくるので、
各家庭で研究するところとも言えます。

 

ただし、
どうしても半端な量を
冷凍せざるを得ないこともあります。

ここは柔軟に対応してくださいね^^;

 

まとめ

以上、
冷凍ご飯を美味しく食べるための2つのコツを
ご紹介しました。

あなたも
健康な体を作るための食生活を
手間なく送っていくために

冷凍ご飯を
うまく活用してみてくださいね!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
加藤ようこ
夫と小学生3年生の娘、保育園年中児の息子の4人家族。 余計なことは何もしない、すっきりキッチンとシンプルごはんで 働くママの自分時間を30分ふやす 「整えキッチン」を主宰 。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です