ブログ

あぁ勘違い(泣)14,600円の請求書。

 

 

※初めに、この記事は私個人の誤りであり、アップル社には一切責任がないことを申し伝えます。

 

私は日頃からあまり音楽を聴きません。
作業するときは、無音でないと集中できません。

ただ、食事の際やその時の気分によってはラジオを聴いています。

 

ラジオは聴きますが、わざわざ音楽を流すという習慣はありません。
以前はCDも所有していましたが、10年前に全てデジタル化し、断捨離をしました。

 

 

我が家の娘は小学3年生。
友達から教えてもらったり、どこからか覚えてきた流行の歌を口ずさみます。
自分の知っている曲がラジオから流れてくると嬉しそうにします。
少し前の話ですが、映画ドラえもんの主題歌がラジオから流れてくると、弟と一緒になって歌っていました。

 

 

そんな中、Apple Musicから3ヶ月無料トライアルの案内が届きました。

 

 

娘も喜ぶし、無料ならやるっきゃないなぁ!
と子どもの喜ぶ姿を想像しながら申し込みました。

 

1曲、2曲と探すうちに、「関連する曲」で懐かしのあの曲や、好きだったアーティストのアルバムが次々に出てきます。

これも無料なのー!?嬉しすぎるー!
と、じゃんじゃん ダウンロードしました。

 

 

はい、お分かりですよね。
喜んでいたのも束の間。
2〜3日後に、アップルから請求書が届きました(泣)

 

何かの間違いだろうと思って、アップルに問い合わせのメールまで送ってしまいました。

 

するとすぐに丁寧な回答がいただけました。
“Apple Musicからではなく、iTunes Storeから購入されています。”
との記載がありました。

 

完全に欲にまみれて大きな勘違いをしていました(恥)

 

正直なところ、Apple MusicとiTunes Storeの区別が付きにくいというのが素人の意見です。
アップル社を責めるわけではなく、あくまで私の勘違いです。

 

 

本日は私の失敗談を書かせていただきました。
出費の多い年度始めに、この失敗は痛すぎますね。
この度の14,600円は、私の毎月のお小遣いから少しずつ家計に支払いしていくことに決めました・・・。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

ブログランキングに参加していますので、よろしければ応援をお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ABOUT ME
yuko
34歳。2児(9歳、5歳)の母。 身軽に生きていくために働き方を変え、この春から在宅ワークを始めました。