食べる

大好きだからこそ、しょっちゅう食べない

餃子は家族の誕生日にしか食べません。

 

f:id:y00k0:20180129134519j:plain

 

 

大好きだからこそ、しょっちゅう会わないーーそうすると自然に、たまに会うときのありがたみは色濃くなります。

(中略)

人づきあいに限らず、大切なものほどたくさん求めない。

これをあたらしいルールにすると、ますます大切で特別なものになります。

(中略)

なんでも簡単に手に入るし、なんでも食べられるし、なんでもすぐに経験できる時代。だからこそ、夢は夢のままでとっておこうではありませんか。手つかずの部分を、大事に守ろうではありませんか。 

松浦弥太郎 『あたらしいあたりまえ。:暮らしのなかの工夫と発見ノート』より

 

成熟しきった時代。

なんでも簡単に、しかも安価で手に入れられる時代になりました。

 

この本を読んでからというもの、日常的に「大切なものほどたくさん求めない」ことを意識するようになりました。

食べることが大好きな私は、特に食生活において考えました。

 

この章の中にありますが、著者はカレーライスを年に3回くらいしか食べないそうです。

 

カレーはワーキングマザーにとって心強い味方だと思っています。

我が家では月に1回ほど食べています。

少し帰りが遅くなる日や、「母だって楽したいのよ。」と思う時に登場します。

著者の真似をするのは今の私にとって難しいことです。

 

 

そんな中、思い浮かんだのが餃子。

冷凍品を購入したりお店でテイクアウトする等、いつでも簡単に手にいれることができます。

でも、たまにしか食べないと美味しさやありがたみが倍増します。

ハレの日である家族の誕生日に、みんなでワイワイ言いながら包む餃子はさらに特別感が増します。

「甘いものが苦手ではないけれども、必要としていない」という夫のために考案した餃子ケーキ。

子どもたちにも大好評で誕生日の定番となりました。

 

 

カタカナご飯を作らない私ですが、洋食も大好きです。

外食の時は喜んで洋食を食べます。

でも頻繁に洋食を食べることは身体も喜ばないし、大好きなものが特別なものでなくなってしまいます。

 

大好きなものや大切なものほど、多くを求めない。

人生をより豊かにするための、簡単だけれどもとても重要な術だと思っています。

 
 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、よろしければ応援をお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ABOUT ME
yuko
34歳。2児(9歳、5歳)の母。 身軽に生きていくために働き方を変え、この春から在宅ワークを始めました。