ミニマリスト

TRUCKに毎日触れています。我が家のリビングダイニング

 

一目惚れしたTRUCKの家具に毎日触れていられることに幸せを感じています。

f:id:y00k0:20180121051737j:plain

実家のリビングには当たり前のように置いてあるけれども、我が家にはない家具がいくつかあります。

なくても不自由していません。

子ども達には「ばぁばのお家みたいに◯◯のあるお家に住みたいなぁ」なんて度々言われたりもしますが、「自分でお金を稼ぐようになったら買えばいいじゃない」と言っています。

 

テレビ

実家では四六時中つけっぱなしです。

学生時代の一人暮らしでは、BGMの代わりでした。

 

 

ソファ

今の家に入居した際に一度購入しました。

リビングには必須なものだと思い込んでいました。

しかし、

・ソファの下の掃除がしにくく、埃がたまりやすい

・洗濯物の一時置き場になりがちだった

・ソファよりもダイニングテーブルにいることの方が多い

という理由から、4年ほど前に売りに出しました。

約5万円で購入し、2千円で売却。そんなもんです。

 

こたつ

結婚当初に無印良品で一式買い揃えました。

しかし、

・掃除が面倒

・一度こたつに入るとなかなか出られない

・夫がこたつで一晩中寝る

と喧嘩の引き金になることが多く、ワンシーズンだけ使って引き取り手を探すことにしました。

タイミング良く兄が結婚し、こたつを購入しようとしており、喜んでもらってくれました。

 

リビングダイニングに置いてある大きな家具といえば、ダイニングテーブルと本棚、蓄熱式暖房機のみです。

ダイニングテーブル、大人の椅子はTRUCK。

(子どもの椅子は頂き物)

 

 

邪魔になるものがないので、子どももリビングで縄跳びします。

 

掃除にも取り掛かりやすく、毎朝ウェットシートで家中の床をさっとひと拭きしています。

 

楽に綺麗を保てる仕組みづくりが出来ていると、掃除も億劫にならず、ますます居心地の良い家になります。
最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、よろしければ応援をお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ABOUT ME
yuko
34歳。2児(9歳、5歳)の母。 身軽に生きていくために働き方を変え、この春から在宅ワークを始めました。