食事作りも思考もシンプルになる無料メルマガ登録はこちら≫

居心地の良い食卓が家族の元気な体と心を作る

Home comfortable Style Lab

こんばんは。

Home comfortableナビゲーターの
加藤ようこです。

実は今週はじめから昨日まで

約200名の起業家が集まる
年頭講義に参加するため

横浜に行っていました。

linecamera_shareimage 9.jpg

そして昨晩、
数日ぶりに
子供達と一緒に
3人で夕飯を食べたのですが…

やっぱり
この食卓が落ち着くし、
嬉しいなぁ…

としみじみと実感。

横浜にいる間、

数回は誰かと一緒に
ご飯を食べたのですが、

ほとんどが
ひとりごはんでした。

美味しいって話題の
朝ごはんや

デパ地下の
おしゃれなお惣菜を

ゆっくりひとりで
食べるのもいいけど、

やっぱり
ごはんとお味噌汁の
代わり映えもしない
いつものご飯を

誰かと一緒に
食べる食卓が
私は好きなんですよね☆

ただし、

誰かと一緒に食べるのは
もちろんだけど、

食卓の雰囲気や居心地も
忘れちゃいけない大切な要素。

もし
食卓を一緒に囲んでる誰かが
イライラ・カリカリ
してたとしたら?

あなたも子供時代、
親がカリカリしていて

なんか気まずいなぁ…

っていう食事時間を
経験したことないですか?

ご飯もなかなかノドを通らないし、

一刻も早く
その場から抜け出したい!

って気持ちになりますよね。

人間誰しもが
いつもご機嫌でいられるわけではないけれど、

食事の時ぐらいは
雰囲気も居心地も良い食卓で
誰かと一緒に食べたいもの。

そうすることで
ごはんも一段と美味しく感じられるし、

食卓の居心地がいいことで
家族の中もさらに深まります。

これこそ
『暮らしの土台』
だと私は思っているんですけど、

この
暮らしの土台が
しっかりと出来上がることで、

『自分には味方がいる』

『自分には戻る場所がある』

っていう安心感が生まれます。

安心感があるからこそ

大人も子供も
『今日もがんばろう!』って
思えるようになるんですよね。

食事は体を作る素。

そして
体だけでなく心も作ります。

食卓の雰囲気や
居心地を良くする事で

元気な体と心が作られていくことを
覚えておいてくださいね☆

ここでお母さんが
1日2回の食事を変えたことで
食卓の雰囲気が良くなって、

少食気味だった4歳の息子さんが
毎朝おかわりまでするようになった!

というAさんを
ご紹介しますね。

Aさんはフルタイム勤務の
シングルマザー。

お子さんに野菜を食べさせなきゃ!

ご飯をもっと食べて欲しい!

という思いがあって、

忙しいながらも
毎日の食事づくりに
とても気を使っていたそうなんです。

でも、どれだけ工夫しても
食べてくれない。

せっかく作ったのにー‼

とイライラしてしまっていたそうです。

そして食卓でも
向かい合って座る息子さんに

口を開くたびに
ついついプレッシャーをかけてしまうような言葉を
浴びせてしまっていたとのこと。

ここでAさんに

1日2回の
スローフードを
オススメしたところ…

その日から
Aさんの食事づくりに対するストレスが
激減したとのこと!

ストレスもないし、
どんな食べ方をすれば

健康な体を作っていけるのかも
分かったので、

『せっかく作ったのにー!』
という気持ちや
子供の食べ方に対する
イライラもなくなったそうです。

そして食事づくりを変えたことで
時間の使い方が変わって、

1日3時間も
自分時間を取れるようになったとのこと!

こうなってくると
Aさんも日々の暮らしのイライラが
激減するんですよね。

Aさんが食卓でも
穏やかでいられるようになったのと同時に

少食気味だった息子さんは
毎朝おかわりまでするように!

居心地のよい中で
食事を取れるようになったことで

息子さんはこんなにも
食べっぷりが変わりました。

家族には
しっかりとご飯を食べてもらって
仕事も学校も園生活も頑張って欲しい!

というのは
お母さんなら誰しもが思うこと。

もうすぐやってくる新生活は
外の環境がガラリと変わり、

大人も子供も
早く新しい環境に慣れようと
みんなが頑張る時期です。

そんな時に
居心地の良い食卓が
おうちになかったとしたら?

特に小さい子供は
逃げ場がないんです。

外でも頑張ってるのに
おうちの食卓でも
頑張らなくちゃいけないって
こんなにも辛いことはないですよね。

あなた自身も
新生活になると

環境が変わって
ドタバタしてしまうと思います。

だからこそ
年明けの今から

居心地が良く、
雰囲気の良い食卓づくりを
始めてみませんか?

やってみたい!

けど、

どうやって進めていけばいいのか
わからない

という方は
お問い合わせフォームから
ご連絡ください。

勇気を出して
聞いてくださった方には

特別にえこひいきして
個別で
お伝えしちゃいますね☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました