お客様の声

【お客様の声】子どもは野菜嫌いで当然と分かり、気が楽になりました!

こんにちは。

余計な食材や調味料を買わない
余計な道具を買わないし使わない
余計な情報を入れない
余計な手間をかけない

余計なことは何もしない
すっきりキッチンとシンプルごはんで
働くママの自分時間を30分ふやす
「整えキッチン」主宰の加藤ようこです。

 

不定期で開催しております
『整えキッチン』の個別相談会。

この相談会では
参加者さんの
食事づくりに対する課題を明確にし、
その日から使える
今よりラクになるヒントを
お渡ししています。

 

参加されたMさんは
未就学児の男の子を育児中のお母さん。

特にお子さんの野菜嫌いに悩まれていて、
大人用と子ども用のおかずを別々に作るなど
食事づくり悩まされていたそうですが、

『子どもは野菜嫌いがあって当然ということや、
洋食などで油や砂糖を過剰にとってまで
野菜を食べさせる必要はないことが分かり、
すごく気が楽になりました。』

と嬉しいご感想をいただきましたので、
ご紹介させていただきます。

 

お客様の声

1.このセミナーに来る前はどんなお悩みをお持ちでしたか?

野菜嫌いで、副菜の献立決めに悩んでいました。
子どもと大人の食事の支度が別となり手間だったり、
和食ではなくつい洋食に偏りがちになります。

料理が苦手で食事の支度が億劫であり、
ぐずられると時間通りに段取りよく作れていません。

子どもが孤食になりがちです。

2.セミナーで気づいたことは何ですか?

夕方ぐずるとしたら、
夕方に食事作りを集中させる必要はないこと。

子どもは野菜が嫌いなものであるという認識だと、
気が楽になること。

自分が穏やかで過ごすことが家族にとっても幸せであること。

子どもは常に成長しているので、お腹が満たされるものを欲すること。

母親の食べる姿を見て、苦手なものを食べられるようになっていくこと。

時間通り食事作りを終え一緒に食べるために
献立決めや買い物などトータルで時短につなげることが必要であること。

3.解決したこと、参考になったことは何ですか?

洋食などで、油や砂糖を過剰にとってまで
野菜を食べさせる必要はないこと。

全く別のものを用意するのではなく
副菜も大人中心に考え、取り分ける方法でよく、
それが時短にも繋がること。

苦手な食べ物も将来食べられるようにしていくためにも、
大人も一緒に食事をとる環境を整え、
食べる姿を見せることが大切だと分かりました。

また、スムーズに食事作りを行うために、
隙間時間やキッチンに立った時間で
下ごしらえをしておく必要があると分かりました。

4.加藤ようこはどんな人でしたか?

仕事や家事育児の両立にもともと悩まれており、
大変努力されてきていると思いました。

食事作りをシンプルにし働き方を見直すことで、
余裕を持って穏やかな気持ちでこなされるようになったことが、
整えキッチンの由来と分かり共感しました。

また栄養士の資格もお持ちであり、
買い物献立など食事について総合的に工夫されていて
魅力に感じました。

穏やかにお話してくださり、
心地よく講義を受けることができました。

5.このセミナーはどのような方にオススメですか?

料理が苦手で、買い物献立決め、食事の支度など
段取り良くトータルで力をつけたい方。

小さな子供がいて食事作りをしている方。

なるべく食材をこだわっている方にオススメです。

Mさん、ありがとうございました!

 

お母さんが美味しそうに食べる姿、見せていますか?

『子どもが野菜を食べないから、
野菜料理を作りません。』

『子どもの偏食がひどいので
食卓に上がる野菜に偏りがあります。』

 

個別相談やセミナーなどでお会いするお母さんから
こんなお声をよく聞きます。

確かに、せっかく作ったものを残されると
凹みますよね。

 

ですが、
子どもが食べないからといって

食卓に全然野菜が上がらなかったとしたら…

お子さんはいつ、その野菜に出会うことがあるでしょうか?

 

運良く給食なんかで出会うこともあるかもしれませんが、
そこは運が良ければ、の話なので外しておいて…

やはりお子さんは
信頼できるお母さんや家族が美味しそうに食べる姿を見て、

『自分も食べてみよう』と思い、

『自分も食べて大丈夫なんだな』と判断します。

そこで食べる・食べないは別として、
そう判断することが大切なことです。

苦い野菜を食べられる味覚に成長したときには
食べるようになります。

 

野菜を小さく刻んで
何かに混ぜて野菜を食べさせようと頑張ることよりも、

一緒に食卓につくお母さんが
美味しそうに食べることを優先させてください。

お子さんが野菜を食べなければ
ごはんでお腹を満たしてあげましょう。

こっちの方が食事づくりもラクですよね^^?

 

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

ABOUT ME
加藤ようこ
夫と小学生4年生の娘、保育園年長児の息子の4人家族。 余計なことは何もしない、すっきりキッチンとシンプルごはんで 働くママの自分時間を30分ふやす 「整えキッチン」を主宰 。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です