お客様の声

【お客様の声】いつも同じようなメニューではダメだと思っていました

こんにちは。

余計な食材や調味料を買わない
余計な道具を買わないし使わない
余計な情報を入れない
余計な手間をかけない

余計なことは何もしない
すっきりキッチンとシンプルごはんで
働くママの自分時間を30分ふやす
「整えキッチン」主宰の加藤ようこです。

 

先月開催しました
『もしかして五月病?と思ったら
がんばりすぎないシンプルごはんで
こころと体を整える オンラインワークセミナー』。

このセミナーでは
参加者さんの現状の課題を明確にし、
手間なく疲れず、
健康な体を作るための食事づくりをする方法をお伝えしました。

参加されたSさんは
男の子二人を育児中のワーキングマザー。

いつも同じようなメニューではダメだと思っていましたが、
そんな風に考えなくていいか!
と気楽に思えるようになりました^^

と嬉しいご感想をいただきましたので、
ご紹介させていただきます。

 

お客様の声

1.このセミナーに来る前はどんなお悩みをお持ちでしたか?

レパートリーが少ない上に
献立決めでいつも悩んでいました。

これから仕事量を増やしていく予定なので
調理の時短もしていきたいなぁと考えていました。

2.セミナーで気づいたことは何ですか?

毎日、一汁三菜でなくてもいいんだ!
沢山おかずを作らなくてもいいんだ!

と、献立決めも料理も
もっとシンプルにしてもいいんだと思えました。

3.解決したこと、参考になったことは何ですか?

いつも同じようなメニューではダメだと思っていましたが、
そんな風に考えなくていいか!
と気楽に思えるようになりました^^

4.加藤ようこはどんな人でしたか?

体育会系のサっパリとした感じの方で、
気持ちいい方だなと思いました。

過去の辛いお話を聞いて、
一生懸命勉強されていたんだなと感じました。

5.このセミナーはどのような方にオススメですか?

料理のバリエーションを増やさなきゃ!などと
日々献立に悩んでいる方にお勧めです。

Sさん、ありがとうございました!

 

バリエーション豊富な食事=良い食事とは限りません

雑誌やテレビの献立特集では
バリエーション豊富なレシピが日替わりで登場しているし、

SNSをのぞいてみても
一般家庭で豪華な食事がずらりと並ぶ姿を
よく目にします。

昔の私も
バリエーション豊富に作れない自分はダメな主婦
自分を責めていました。

 

でも、日々の食事は
ハレとケでいうケの日の食事。

そして食事の本来の目的は
健康な体を作ること。

それにおうちごはんは
レストランではありません。

 

ケの日=日々の食事は
健康な体を作るためにいただくもの

レストランのようにバリエーション豊富に
豪華にする必要はありません。

 

ごはんとお味噌汁をしっかりと、
そして、少しのおかずを添えて完成する
ひらがなごはんは手間なくラクに作れます。

ごはんがメインなので
おかずをバリエーション豊かに
たくさん作る必要はありません。

 

日々の食事作りは
暮らしが続いていくのと同時に
永遠に続くもの。

疲れることのない食事作りが一番です。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
加藤ようこ
夫と小学生4年生の娘、保育園年長児の息子の4人家族。 余計なことは何もしない、すっきりキッチンとシンプルごはんで 働くママの自分時間を30分ふやす 「整えキッチン」を主宰 。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です