食事作りも思考もシンプルになる無料メルマガ登録はこちら≫

育休中に朝ごはんを気楽に用意するポイントは夕方にあった

Home comfortable Style Lab

朝ごはんを食べないと

脳のエネルギー不足で
午前中の活動にやる気が起こらなかったり
集中できなかったり…

朝ごはんを食べることは
胃袋を満たすためだけでない

大切な役割があることを
あなたも聞いたことがあるはずです。

 

 

ただ、まだ赤ちゃんの睡眠時間も定まらない育休中に
朝決まった時間に起きることってけっこう辛いことですよね。

 

それでも
自分の身体のリズムを作るために
そして家族のために
朝ごはんを用意しなければいけないのが現実です。

 

睡眠不足で思考が停止している辛い中
『何作ったらいいんだろう?』
と悩んだことのある
育休中のママは私だけではないはず。

 

そこで本日は私が育休中に見つけだした
朝ごはんを気楽に用意するポイントをご紹介します。

 

 

育休中に朝ごはんを気楽に用意するコツは夕飯作りがポイント

育休中の辛い時期はもちろん、
職場復帰して時間のない中
朝ごはんを気楽に用意するコツは
前日の夕飯作りにポイントがあります。

 

それは夕飯分だけでなく
朝食分も含めて倍量に作ってしまうこと。

 

 

育休中の朝ごはんこそ朝に作らない


夕飯作りの時に朝食分も作ってしまうと書きましたが、
全てでなくて構いません。

 

汁物だけ2食分作るのが一番オススメですが、
副菜1品だけ2食分作る、でもいいでしょう。

 

育休中、
時間に追われながら夕飯を作るのに
朝食分まで作る余裕はありません!

 

という声も聞こえてきそうですが、

違うものを1食分ずつ作るのよりも
同じものを倍量作るのでは
労力も時間もトータルしてみてみると
半分以下になることがほとんどです。

 

 

前日の夕方に多めに作った汁物にプラスして
あらかじめ買っておいたご飯のお供を用意して、

炊きたてのご飯さえあればもう朝食はOKです。

 

仮に朝、ご飯を炊くのが面倒であれば
夕飯時にご飯を多めに炊いて容器に取っておけば問題ありません。

 

 

ここで気をつけたいのが、
朝食用にと多めに作ったのに
家族に食べられてしまうパターン。

 

「せっかく用意したのに!」
とケンカの元になり兼ねないので
あらかじめ家族にもそのことについて
共有しておくことがポイントです。

 

 

育休中に朝ごはんを用意しなくなったら朝が憂鬱でなくなった

私は小さい頃から朝食に
パン+飲み物を食べていました。

 

だから結婚後、夫から
『朝からパンなんて食べられない。
朝はご飯とお味噌汁がいい』
と言われた時には
愕然としたのを覚えています。

 

新婚の頃は時間もたっぷりあったので
朝から食事を作る時間もありましたが、

睡眠不足で思考停止中の育休中には
頑張ることが出来なくなり…

 

そんな頃、夫から

『夕飯と同じお味噌汁でいいから。
むしろ夕飯で食べる時より
具に味がしみて美味しいよ!』
と前向きな提案をされ、
それを実践すると本当に気楽になりました。

 

レンジで温めるぐらい夫にもできますし
私もゆっくり寝ていられるようになりました。

 

授乳中ということもあって
手軽にきちんと手作りしたものを食べたい、
という思いも叶えられるのも
嬉しいポイントですよね。

 

仮にお味噌汁を倍量作ったのに
朝食はご飯ではなくパン!という時にでも

お味噌汁に豆乳や牛乳を少し加えるだけで
即席のミルク風味のスープになります。

 

朝食分も含めて夕飯を倍量に作ってしまうことは
全ての育休中のママにオススメしたい
朝食作りのポイントです。

 

 

育休中の朝ごはんこそ負担のかからない仕組みを作ろう

赤ちゃんの睡眠時間も定まらない育休中は
朝食作りも至難の技です。

そんな時こそ
負担のかからないしくみ作りを考えましょう。

 

そうすることで
復職後も仕事も家庭も諦めずに
自分のやりたいことに時間を
使っていけるようになりますよ!

 

復職後のために負担のかからない食事づくりを
仕組み化しておきたい!

という方は
こちらの無料電子書籍でも
記載していますので、

もっと詳しく知りたいという方は
こちらからダウンロードして見てくださいね!

無料ダウンロードはこちら▼
https://migaruni.net/1908cp-dl/?blog0616

コメント

タイトルとURLをコピーしました