食事作りも思考もシンプルになる無料メルマガ登録はこちら≫

20分ごはんで時間の使い方が変わる理由

こんばんは!

 

 

Home comfortable Style Labの
プログラムでは

ごちゃごちゃ考えたり
ムダな行動をなくす習慣が身につく
「20分ごはん」を毎日作ります。

 

 

なぜ食事作りで
無駄な考えや行動がなくなり
時間の使い方が変わるのか?

 

とよく質問をいただきますので

今日はそのことについて
回答しますね^^

 

 

**********

なぜ食事作りで
時間の使い方が変わるのか?

**********

 

それは
判断と行動を変える
いいトレーニングになるから!

です。

 

 

食事作りって
キッチンに立って
ご飯を作るだけ
ではありませんよね?

 

 

献立決め、
買物、
食材管理、
調理、
後片付け…

 

他にも細かく分ければきりがないほど
たくさんのタスクに取り掛かるのが
食事作りですが、

 

私達は
一つ一つのタスクに取り掛かる時
無意識のところで
判断→行動
をしています。

 

 

例えば、

 

今日の夕飯どうしよう?

昨日も似たようなもの食べたしな…

アレを作ると決めて動く

 

このたくさんの食器、
何から洗おう?

油ものの少ないものからにしよう

よし!コレから洗う!
スポンジに洗剤つける!

 

など。

 

 

たいていのママが
1日に2〜3回、

食事を作っていると思うのですが、

 

毎日当たり前にある
食事作りの判断と行動を
「ムダを辞める」
と意識して繰り返し
変えていくことで

 

それが自然と
日常生活の判断にまで広がり、

あなたの毎日を、
あなたの一生を
変えてくれるようになります。

 

だから

献立決めに1時間かかっていた人が
迷い時間ゼロになることで
日常生活でも即決力がつくようになったり、

 

調理を同時進行で出来ない人が
20分ですべて作れるようになることで
ダンドリ良く物事を進めていくことが
出来るようになったりします。

 

 

忙しいお仕事ママでも
変化できる理由は
ここにあります!

 

 

本日も2名の女性が
毎日の20分ごはんで

自分を、家族を、
変えていくご決断をされましたよ^^

 

phonto 30.JPG

phonto 29.jpg

Yさん、Kさん、

楽しみながら変化していきましょうね!

 

またメールします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました