食事作りも思考もシンプルになる無料メルマガ登録はこちら≫

家族でチームになれる方法

%LAST_NAME%さん
こんばんは!

 

 

保育園のお迎え時間に
間に合うよう
仕事はいつも時間との戦い。

 

帰宅後も時間と戦いながら
家事育児。

 

 

ところが、
お迎えのないパパは
時間に制限なく
のんびりと仕事する…

 

ママのワンオペが
当たり前になっているご家庭では
よく聞く話です。

 

 

パパが家族のために
頑張ってくれているのは
分かるけれど、、、

 

 

人が働く理由って
実はいろいろあるんですよね。

 

生きがいだったり
面白くて没頭している、

なかには
家族から解放される時間

つまり

【自分がやりたくてやっている】

という場合もけっこうあるそうです。

 

 

だからもし、

今ママひとりが
家事育児を抱え込んで

 

自分が本当にやりたいことに
時間を使えていない、

 

夢に向かって
勉強時間を確保したいのであれば

 

もうひとりで頑張るのはやめにして

旦那さんや子供達、

家族と一緒に
働き方、時間の使い方を
変えることをおすすめします。

 

 

 

ポイントは
家事や育児など家のことを
回していくこと
に対して

家族一人一人が
『自分ごと』になっているかどうか?

 

 

家事育児が自分ごとになれば

保育園ママが
仕事の生産性をアップさせたり
前倒しで仕事すすめるのと同じように

旦那さんも
仕事の生産性について
必死に考えて
行動に移すようになります。

 

 

家事育児が自分ごとになれば
ママと同じように

『どうすれば子供達を
早く寝させてあげられるのか』

必死になって考えて
行動に移すようになります。

 

 

同じゴールに向かって
考えて動く、

だから家族がチームになり、
物事も早く終わります。

 

 

そうすると、
%LAST_NAME%さんも旦那さんも
本当にやりたいことに
時間を使えるようになってきます。

 

 

 

私も以前は
仕事も家事も育児も
全てを1人で抱え込み

近くにいる子ども達に
夫へのイライラをぶつけてしまっていました。

 

 

夫も

『仕事だから無理』

の一点張り。

 

 

ところが

夫の家事参加が増え、
家事育児が自分ごとになってきた夫は…

 

深夜に帰宅した自分に
出来る家事は何なのか、

 

平日ワンオペの私に
負担がかからないよう
休日に家事を進めておいてくれたり、
など

 

仕事を言い訳にしない、

どうすれば家庭が回っていくのかを
必死になって考え、

行動に移してくれるようになりました。

 

 

だから
一緒に家事ができる時は
終わるのがすごく早い、

 

ごはんが出来ている、
洗濯物がたたまれている、

ということが
当たり前でないことを
お互いが知っているから

『〜してくれてありがとう』

という言葉が頻繁に飛び交う、
など

 

子どもも含め
家族がチームになれました。

 

 

だから
夫に頼るだけでなく

経済的にも精神的にも
私もチカラをつけて
家族を幸せにしていこう、

そう思えるようになりました。

 

shutterstock_1660546018.jpg

 

 

家族とチームになりたい、

家族を大切にしながら
自分の好きなことに没頭できる毎日を送りたい、

 

%LAST_NAME%さんも
そう思っているとしたら、

 

まずは
家族の自立を促す行動に出ませんか?

 

 

諦めるのは論外、

願うだけ、口に出すだけでなく
行動に移すことが大事ですよ^^

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました