食事作りも思考もシンプルになる無料メルマガ登録はこちら≫

フルタイムでも時短勤務でも家事がうまく回る仕組みづくりが大事な理由

ママになっても
思いっきり働きたいから
フルタイムにする?

 

せっかく制度あるし、
時短勤務にする?

 

 

 

こんばんは!

複雑な思考をシンプルにすることで
家庭内の90%の問題を解決する

Home comfortableナビゲーターの
加藤ようこです。

 

 

 

引続き、育休中のママに向けて
メルマガを配信していきますが、

 

もうすでに
ワーママとして
毎日頑張っているママにも
お役に立てる内容となっています^^

 

自分に置き換えて
メルマガを読んでもらえると
嬉しいです!

 

 

***

 

 

育休から復帰する時、
多くの人が迷うと思います。

 

 

ママになっても
思いっきり働きたいから
フルタイムにする?

 

せっかく制度あるし、
時短勤務にする?

 

 

どちらにせよ
メリット・デメリットはあります。

 

 

よく言われている

フルタイムのメリット

・収入アップ
・キャリア形成に有利
・パパも家事育児に参加しやすい
など

 

デメリット

・子供との時間が減る
・予定は基本休日になる
・とにかく時間がない
など

 

 

時短短勤務のメリット

・仕事終わりに病院に行ける
・子供とゆっくり過ごせる
・自分時間が増える
など

 

デメリット

・仕事のボリュームがフルタイムと変わらない
・給料やボーナスがダウン
・出世が遠のくかもしれない
など

 

ですよね。

 

 

目先のことだけを見るだけでなくて
%LAST_NAME%さんが
この先どんな暮らしを送っていきたいのか

ご主人とよくよく話し合った上で
決めることをオススメします。

 

 

 

もしここで、
%LAST_NAME%さんが

本当はフルタイムで働きたいけど、
家のことがおろそかになりそうだから
時短勤務にしようかな

と思っているのなら、
ちょっと私の話を聞いてほしい。

 

 

その考えは
すごくもったいないです!!

 

 

フルタイムを諦める前に
仕組みを作りましょう!

 

 

仕組みさえ作ってしまえば、

考えなくても
手間を掛けなくても
時間をかけなくても
家事はうまく回していけます!

 

 

今はごはん作りに
1時間かかっていても

仕組みさえ作ってしまえば
20分で作れるし、

他の家事だって
短縮していけます!

 

 

 

Home comfortable Style Labには
フルタイムママも
たくさん参加されていますが、

家事をうまく仕組み化して
フルタイムで働きながらも
お子さんとの時間も
自分時間も楽しんでいらっしゃいます。

 

 

Iさんは現在、

夕方6時に帰宅しても
手作りご飯食べて
8時半にお子さんと就寝!

そして

毎朝充実した
朝活を継続していますが、

 

Home comfortable Style Labに
参加してから
どんな変化があったのか

というと…

 

IMG_8008.JPG

 

(Before)

献立決めや時間が上手く使えないことが
一番の悩みでした。

早起きしてもバタバタで
子どもをせかし自分も慌てて出勤する
余裕のない毎日でした。

 

(After)

『食事はこう作らなきゃ』が
なくなったことで

食事づくりに対する
時間も負担もかなり少なくなりました。

 

また、自分はこうする、

と食事作りをパターン化したことで

6時に帰宅、
子どもに読み聞かせをしても

8時半には子供と一緒に
寝ることができるようになりました。

 

 

私が変わることで
家族とのコミュニケーションの
仕方も変わり、

家族の雰囲気がすごく良くなりました。

 

 

自信がないことから
自分の思いを人に伝えることが
苦手だった私も

朝時間にブログを書くことに
挑戦したり

 

家事や子どもの世話で
終わっていた休日も

毎週のように自分の時間が取れ、
オンラインの勉強会に
参加でき、

自分の伸び代を感じています!

 

 

 

↑Iさんの変化はここまで↑

 

 

いかがですか?

 

 

Iさんの変化を見ていただいて
わかるように

仕組みさえ作ってしまえば、

フルタイムでも
家事はうまく回していけます!

 

そして

フルタイムでも
家事や育児や仕事の
やるべきことで終わる毎日でなく、

自分の本当にやりたいことに
挑戦していけるようにも
なっていきますよ!

 

 

フルタイムでも
時短勤務でも

楽しいワーママ生活が送っていけるように

育休中の今のうちに

家事がうまく回る仕組みづくりを
しておきたいですね☆

 

 

 

〜関連記事はこちら〜

家事代行サービス、どんどん使えばいいと思う

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました