食事作りも思考もシンプルになる無料メルマガ登録はこちら≫

パパが家事育児をしてくれない本当の理由

こんばんは!

 

起業したいママが
自由な時間とお金を
段取りの力で叶える
唯一のオンラインスクール

タイムクリエイトlab主宰の
加藤ようこです。

 

 

コロナ休校や
登校自粛、登園自粛で

お子さんと一緒に
長時間過ごしている方も
多いと思います。

 

 

ママばかり頑張っていて、

ママの自由な時間や睡眠時間、

そして
仕事に集中できる時間は

減っていませんか?

 

イライラしていませんか?

 

 

昨年末に東京都が実施した
アンケートによると、

コロナ禍で在宅ワークのパパは
増えているけれど、

パパの家事育児時間は
コロナ前に比べて
平均1分しか増えていません。

 

対してママは
平均20分増えている。

 

 

それはイライラしても
しょうがないですよね。

 

 

だったら男性に
家事育児をシェアしたら
いいのか、、、?

 

 

それができていたら
はじめから
こんな統計も取らないだろうし、

世の中の人々も
困っていないと思います。

 

 

これだけ男女平等と
言われながらも

家事育児をパパが
積極的にやらないのは
なぜだと思いますか?

 

 

ママがやってくれてるから?

 

昭和の価値観を
持ってるから?

 

家事育児は
ママがするもの、って
思ってるから?

 

 

私のこれまでの研究や
聞いた話、生徒さんの
話を突き詰めていくと、

答えはこれなんです。

 

「面倒に感じているから」

 

 

仕事の拘束時間など
物理的に難しい家庭も
あるかもしれないけれど、

好きだったら
どれだけ忙しくてもやるんです。

 

 

やったことがあったとしても
ママや子供達からの
反応が悪かったり、

 

ママが求める家事育児の
レベルが高かったり、

 

ママにはそんなつもりはなくても
ママがいつもハードル高い家事を
していて、

やるからにはママぐらい
やった方がいいんだろうな、、、

と自分でプレッシャーを
抱えてしまっていたり。

 

 

だから面倒に感じて
それよりも楽しいことに
目が向いちゃうパパが多いんです。

 

 

それでは
どうしていったらいいのか?

 

 

解決策を
次回のメルマガで
お伝えしますね^^

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました