食事作りも思考もシンプルになる無料メルマガ登録はこちら≫

私がシゴトに没頭する理由

おはようございます。

加藤ようこです。

 

 

私のビジネスの師匠の師匠が主催する
プロジェクトに
1月17日から2月7日まで
参加していたのですが、

300分の1の
ベストオブチャンスメイク賞という
とってもありがたい賞を
いただくことが出来ました!

 

IMG_0560.JPG

(涙、涙でした)

 

 

期間中、
私がやりきったのはもちろん

家族も本当に
がんばってくれました。

 

 

仕事と生きていく上で
最低限のことしかしなかった私。

 

 

子ども達は
いきなり塾と学童へ通う日々。

 

 

結婚して10年以上、
平日は毎日24時を過ぎないと
帰宅しない夫も

「ママだけでなくて
自分も本気で時間の使い方を変えないと!」

と、学童のお迎えに間に合うよう
職場を出て

帰宅してから毎日ワンオペ育児。

phonto 37.JPG

(夫作の常備菜)

 

夜に仕事できない分、

朝は5時過ぎから職場にいるという
超早朝出勤。

 

 

私も毎朝6時から9時頃まで
ミーティングがあったので
子ども達を朝5時半過ぎに起こし、

「あとは自分たちで
身支度や朝ごはん用意して
出かけるんだよ〜!」

と、子ども達に
いってらっしゃいを言うことなく、

玄関のドアの閉まる音で
出発することを確認する毎日を過ごしました。

 

 

そんな日々でも
子ども達がトラブルを起こすことも
夫の機嫌が悪くなるなど
誰からも一切文句の出なかった我が家。

(娘に至っては
スキー合宿の用意を見事に1人で行い、
合宿から帰宅後も
キレイに片付けてくれました!)

 

 

いつも
「ママがんばれ〜!」
と応援してくれる家族を
頼もしく感じていました^^

 

 

本当の本当に、
家族が自立してくれていて
良かったと
心から思っています^^

 

 

と、少し前までの
誰よりも良妻賢母だった私なら
絶〜っ対にやらないようなことを

なぜこんなにも必死になって
やったのか?

 

と言うと、

 

それは
叶えたい未来があるからです。

 

 

私は
家族のために
頑張っているのに、

理想の母親になれなくて
苦しんでいる

以前の私のようなママ
サポートしたいと思っています。

 

 

なぜなら
母親に影響されない子どもは
いないから。

 

 

ママをサポートすることで
ママが幸せになるのはもちろん、

子供の未来にまで
繋がっていきます。

 

 

私が挑戦しないことを正義にし
何も変わらない日常に
愚痴ばかりこぼしたとき、

私の子供は挑戦することを恐れ、
いつも私の顔色を伺っていました。

 

 

ところが私が好きなシゴト、
アソビに没頭し挑戦する毎日を
送るようになると、

子どもも自分の主張をし
新しいことにも
どんどんチャレンジするようになりました。

 

 

子供は1人でお絵描きするのよりも
ママやパパと一緒に
お絵描きしたほうが楽しいんです。

shutterstock_676566175.jpg

 

 

こどもを習い事に通わせるのもいいけれど
ママが挑戦する姿を魅せたり
人生を楽しむ姿を魅せたほうが

よっぽどいい人材教育になると
思っています。

 

 

だからこそ、これからも
Home comfortable Style Labは

私や生徒さんのように
家族と一緒に
ライフスタイルを変えて
イキイキと過ごすママを
増やすことで

未来にワクワクする子どもを
どんどん増やします!

 

 

そして、
私はアソビながら
家族と一緒に成長していく、

そんな人生を送っていきたいと
思っているし、

そんな楽しい家族を増やしたい
と思っています。

shutterstock_249485935.jpg

 

 

だから没頭して
仕事をしていましたし、

これからも
Home comfortable Style Labを
広げていきます。

 

 

ちなみに、
うちの場合はキャンプしながら
親も子も一緒になって
成長しております。

 

IMG_0490.JPG

小1の息子、

薪割りの達人です^^

 

 

またメールします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました